酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

商品情報

いよいよ手足の先がかじかむ季節がやってきました。朝方、車のエンジンがあたたまるまで、フロントガラスの曇りが晴れるまでにも時間がかかります。 この時期になると、部屋の移動だけでも温度差が大きいことから、血圧の上昇・降下など、身体に大きな負担がかかるそうです
『今年の冬は大切なあの人に、「健康と美」を贈りませんか』の画像

2月に行われた横浜高島屋の味百選でテスト販売させていただいた富士ピクル酢。お陰様で、たくさんのお客様からお褒めの言葉をいただきました。そして、「いつ発売するの?」という電話もいくつか。 そんなありがたい声を受けて、4月12日(月)に発売することが決まりました
『4月12日、富士ピクル酢を発売します!』の画像

バレンタインが終わったと思ったら、あっという間にホワイトデーがすぐそこに。女性と違って、男性はホワイトデーへの初動が遅いですよね。 そんな義理チョコへのお礼をどのようにするのか、これってけっこう重要。実は、今後の付き合いを左右しうるチャンスかも? 今、
『義理でもらったチョコレート、貴方は何を乗せてお返ししますか?』の画像

明日(2月17日)から7日間、横浜高島屋で味百選に出店します。その際、新製品の富士ピクル酢を先行販売します。 ≪富士ピクル酢 360ml 630円≫ 先週のスーパーマーケットトレードショーでたくさんのバイヤーさんから、「いつ発売するの?」と高評価をいただいたようで
『明日から横浜高島屋で先行発売します、富士ピクル酢』の画像

東京出張から戻ってみると、めっきり寒くなっていました。冬の到来を感じると、お歳暮の文字が頭に浮かんできます。 さて、今年も「大事なあの方にだけ」、富士酢のギフトをご紹介させていただきます。 まずは、見た目よりも美味しいもの大好きなあの方へ。 ≪富士ゆず
『そろそろ、お世話になったあの方への・・・』の画像

明日で1年の折り返し。早いもんです。 梅雨真っ只中というのに、丹後地方は雨が少なく、田んぼの成長が気になります。個人的には天気がいい方が気持ちよくて好きなのですが。 さて、7月になってあわててお中元の用意を、という方に、今年はこんなギフトをご用意しました。
『富士酢の新作お中元と特別なサービスのご案内』の画像

急に寒くなったと思ったら、師走の足音がすぐそこに。今年も紅葉を楽しむ余裕もないまま、冬になってしまいました。私にとって秋は収穫。稲刈りが終わると同時に、秋も終わってしまうようです。 さて、今年もお歳暮のご案内をさせていただきます。 「贈る」ことは
『ホンモノを贈るということ ―富士酢のお歳暮のご案内―』の画像

出張等でご連絡が遅くなってしまいましたが、二つの商品をリニューアルいたします。  富士すし酢 『富士すし酢』が、甘味に粗糖を加え、さらに美味しく生まれ変わりました。粗糖は、一般の砂糖と違い漂白精製しておりませんのでミネラル分を豊富にふくんでおり、味に

こないだお歳暮を送ったと思ったら、もうお中元。なにを贈るか、選ぶのにひと苦労されているのではないでしょうか。 さすが、と思ってもらえるようなギフトをご用意しました。
『センスが問われるお中元だからこそ』の画像

いつも富士酢製品をご愛用いただきまして、ありがとうございます。 現在の在庫がなくなり次第、下記のとおり、原料米の一部に京都・丹後産以外の米を使用しますことをお知らせいたします。もちろん、国産の農薬不使用の新米ですので、安心して召し上がっていただけます。
『富士酢の原料米の一部、産地変更に関するお知らせ』の画像

1月16日に売切れておりました富士酢プレミアム1.8リットル(一升瓶)、先ほど瓶詰めをしました。お待ちいただいた皆様、ご迷惑をお掛けしました。 ≪富士酢プレミアム1.8リットル≫ 今回、瓶詰めした数は162本
『今日から販売再開! 富士酢プレミアム1.8リットル』の画像

紅芋酢や黒豆酢、にごり林檎酢など、果実酢500mlはお陰様で皆様からたくさんのご支持をいただいております。 ただ、ひとつ難点がありました。それは、酢を注ぐ際に液ダレするということ。本当は富士酢などと同じようなキャップを使いたいのですが、瓶の形状が異なるために
『果実酢500mlのキャップが新しくなって液ダレしなくなりました』の画像

嗚呼、長かった。父がずっと、それこそ20年以上も思い続けてきた酢を全く新しい製法で造ったのが去年の6月。やっと五代目見習いとしての仕事ができるまで32年かかりました。いや、正確には東京農業大学に入ってから14年。大学でも大学院でも結果を出せずにいたわけで。 今

先日よりちょっとだけお伝えしておりました、『富士酢プレミアム』について。親子2代の夢が・・・、と書くと大げさに思われるかもしれません。でも、少なくとも20年以上も前から父、毅が造りたかった酢がついにできたんです! ≪富士酢プレミアム≫ 祖父、輝之助が農薬を使
『20年来の親子の夢が叶いました! 『富士酢プレミアム』』の画像

日ごろお世話になっているあの人へ何を贈ろうか。 「あの人」は美味しいもの好きでしょうか、それとも健康に人一倍気遣う人でしょうか。 酸っぱいもの好きでしょうか、それとも酢っぱいものが苦手な人でしょうか。 料理の達人でしょうか、それともこれから料理を覚えて
『お送り先様のお好みで選べるギフト、おつくりします』の画像

≪木村秋則さん≫ このブログではすっかりお馴染み、青森の木村秋則さん。弊社では毎年、貴重な木村さんの無農薬・無肥料栽培のりんごを分けていただいております。 ≪に
『にごり林檎酢500mlを発売しました』の画像

たくさんの方にギフトセットをご利用いただいておりますが、一部のお客様から、 『紅芋酢』や『食べる富士酢』を贈答用に使いたい  もう少し高価格帯のギフトをそろえて欲しい というお声をいただいておりました。遅くなりましたが、やっと、果実酢500mlが2本入る
『お歳暮やお年賀にも最適、「健康ギフト」ができました』の画像

≪BENIMOSU≫ ローマ字で書くと「BENIIMOSU」。「I」をひとつ取って、「ベニーモス」と呼びます。この名前は5月にナパ、ソノマのワイナリーを見学した際、知り合いの言語学者の方から、「発音が綺麗で憶えやすいよ。」と
『アメリカ向けの紅芋酢、まもなく始動します』の画像

お陰様でたくさんの方に「自家製梅酢セット」のご注文をいただきました。本当にありがとうございました。 皆さんは無事に漬け終わりましたか? 実は、完売後もお問い合わせをいただき、ご迷惑をお掛けしました。来年はもっと事前に、もう少し数量を増やして告知させて
『梅酢の試作は再来年のために』の画像

≪日本橋高島屋のさくら関連売場≫ 「春野菜を使った酢料理のメニュー提案を考えているので、御社のレシピを使ってもいい?」。日本橋高島屋の調味料売場にふらっと立ち寄ったところ、担当の方からこんな提案をいただきました。 それならば、
『季節を感じる料理を提案 ―さくら色のちらし寿司―』の画像

ココ何年も個人的にはほとんど縁のないイベントですが、ありきたりのチョコよりもインパクト大きいかも、と思ってご紹介させていただきます。 ≪果実酢120mlギフト 税込630円≫ これなんか、お手軽ギフトでは? お酒ばっかり飲んでる方に、「
『バレンタインギフトのご案内』の画像

≪新商品候補A&B≫ はじめにお伝えしておきます。いつ、どれくらいの容量で、いくらで発売するのか、全く決まっていません。ただ、試飲して、その美味さにびっくり! 木村さんのりんごを使った『にごり林檎酢』とは全くベクトルが違う味なので
『発売なるか? 魅惑の香りの酢を試飲しました』の画像

≪にごり林檎酢≫ 今月、日本橋高島屋で開催された催事、味百選で連日完売だった『にごり林檎酢』。木村秋則さんが作られた無農薬無肥料栽培のりんごのみを使い、4ヶ月の発酵と1年2ヶ月の熟成期間を経て、各日50本限定で販売させていただきました。 早い
『150本限定!『にごり林檎酢』を販売します』の画像

飯尾醸造は、お酢の新しい使い方を発信していきます。下記はプレスリリースした資料の一部です。あの、『日本橋ぼんぼり京橋店』の小林さんのご協力により、おそらく世界で初めて?の酢のボトルキープが実現することに。 日本橋ぼんぼり京橋
『酢をボトルキープできる居酒屋誕生!』の画像

日本橋高島屋の催事「味百選」が終わって、もうすぐ一週間ですが、木村さんの無農薬無肥料栽培のりんごを使った、『にごり林檎酢』についての問い合わせをいくつかいただきました。 「催事に行けなかったので欲しい」とか、 「催事で1本しか買えなかったので、もっと分け

≪木村さんの無農薬・無肥料栽培りんご≫ この貴重な林檎、ブログに何度も登場している青森の木村さんが作られたものです。表面がツヤツヤと光っています。 欧米では収穫後にワックス(被膜剤)をかけることが普通ですが、木村さんのりんごには不要です
『発売決定ー! 木村さんのりんごを100%造った『にごり林檎酢』』の画像

「なんで、早く販売しないんだっ!」と一部のお客様から催事でお叱りを受けていた本商品を、本日より発売いたします。 以前より紅芋酢はブログにて芋焼酎との相性がバツグンであることや、黒酢に比較してズバ抜けた機能性(2005年07月12日掲載)を有していることを紹介し
『やっと発売しました、はちみつ入り紅芋酢』の画像

カタログの細かい部分を修正しました。 その中でも最も大きな変更点は、やっと紅芋酢500mlが掲載されたことです。(発売は昨年11月でした。) 弊社の紅芋酢は動脈硬化やガン、老化のモトとなる活性酸素の働きを抑える力が一般的な黒酢の40倍、他社紅芋酢の
『紅芋酢500ml登場!!』の画像

↑このページのトップヘ