2016年10月13日

稲刈り体験会、来年はぜひあなたもいかがでしょう?

稲刈り体験会はびっくりするほどの晴天に恵まれました。

2016稲刈り体験会


2016稲刈り体験会2


2016稲刈り体験会3


2016稲刈り体験会4


2016稲刈り体験会5


2016稲刈り体験会6


2016稲刈り体験会7


2016稲刈り体験会8


2016稲刈り体験会9


2016稲刈り体験会10


2016稲刈り体験会11


2016稲刈り体験会12


2016稲刈り体験会13


2016稲刈り体験会14


2016稲刈り体験会15


2016稲刈り体験会16


2016稲刈り体験会17


2016稲刈り体験会18


ご参加いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

      五代目 彰浩
  

Posted by iiokome at 11:26Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月12日

稲刈りファッションショーセヤコレ2016秋、入賞者発表

過去最多、40名以上のみなさんにお手伝いいただいたお陰で、無事に稲刈りを終えることができました。あらためて感謝申し上げます。では、同時開催のファッションショーの結果をご報告いたします。

テーマは、「稲刈りをおしゃれで楽しそうに魅せてくれる装い」です。

まずはおソロで賞の発表です。

DSC01813


SKさん_P1070334


AKさん_P1070333


≪SKさんとAKさんご夫婦≫

ベテランのお2人がついにペアルックで登場。

富士酢Tシャツの下にはボーダー、麦わら帽、首には富士酢手ぬぐい、ボトムはチノパン。稲刈りの楽しさはもちろん、お2人の仲の良さがにじみ出ているファッションでした。

続いては

近藤晃さん_DSC01751


≪近藤晃さん≫

チェックのストールを主役にしたコーディネート。黄色の長靴が浮いてしまいがちなところ、稲穂の色とシンクロさせることで全体をまとめるという離れ業。お上手。

富士酢Tシャツ部門の稲刈リーゼはこの方。

小黒まゆみさん_DSC01754


≪小黒まゆみさん≫

ご本人曰く、「世屋におフランスの風」。

ボーダーTシャツとスカーフ、そして鎌までトリコロール。編み上げのロングブーツやホワイトキャップに入ったネイビーのパイピングにもパリのエスプリを感じます。抱きかかえた稲がなんだかバゲットに見えてきたのは私だけ?

続いては一般部門です。今回は残念ながら稲刈リストは該当者がなく、稲刈リーゼのみ、発表させていただきます。

Yさん_DSC01786


≪Yさん≫

晴天に恵まれたこの日の空に合わせるように、スカイブルーのチュニックと長靴、ステキです。

おフランスならぬ、バルセロナとかスペインの風を感じますね。ふんわりしたトップスに対して、ボトムはすっきりとまとめられています。

ご本人曰く、「雨つづきだったので晴れた空の色の服にしました」と。稲刈りファッションショーのお手本のような着こなし、お見事でした。

おソロで賞のお2人には非売品のお酢を、稲刈リスト、稲刈リーゼの3人には非売品のお酢と『富士酢の米』を進呈いたします。今月末までもう少々お待ちください。

たくさんのご参加、本当にありがとうございました。ちなみに私はこんなファッションでした。

DSC01686


       五代目 彰浩  
Posted by iiokome at 15:08Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月22日

日程が決まりました、2016稲刈り体験会&ファッションショー。またお手伝いいただけますでしょうか

こちら宮津はいまのところ大きな天候の崩れもなく、5月末に植えていただいた稲は順調に育っております。

コシヒカリ田んぼ3


先ほど、米作り担当の伊藤と話し合い、日程が決まりました。

2016年9月18日(日)と24日(土)の2日間です。

手伝ってやろう、と思っていただいた方、ぜひお願いいたします。

DSC01005


P1060757


DSC00964


P1060650



念のため、応募資格は、

飯尾醸造公式通販サイトでご購入いただいているお客様

とさせていただきます(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)。
また、ファッションショーに参加いただける方を優先させていただきます。

詳細につきましては下記をクリックいただけますでしょうか。



  続きを読む
Posted by iiokome at 15:14Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月03日

大盛りあがり、「さなぼり」蔵人テマパ@蔵はなれ

飯尾醸造では年に3回ほど、みんなで食事します。地元で富士酢を使っていただいている料理屋さん、旅館さんに伺うこともあれば、蔵の離れで楽しむこともあります。

今回の宴は、田植えを無事に終えられたことを祝う「さなぼり」と新しい仲間(正社員2人とパート1人)の歓迎会を兼ねて。

で、久しぶりにテマパ(手巻き寿司パーティー)をポットラック(持ち寄り)形式でやりました。せっかくなので、五代目のお気に入り食材図鑑で紹介している食材をお取り寄せして、みんなで試食を兼ねて。

2016蔵人テマパ


2016蔵人テマパ2


≪飲み物≫

国産のスパークリングワインやエールビール、日本酒、ジンジャーエール、地元のみかんジュースなど。

2016蔵人テマパ3


≪地元の刺身盛り合わせ≫

あのNARISAWAにも魚を卸している魚屋さんにつくってもらいました。

2016蔵人テマパ4


≪根付きの鯵の酢締め≫

四代目、毅が近所の漁港で買ってきた鯵を富士酢プレミアムで締めてくれました。やわらかい酸味で美味しかった。

2016蔵人テマパ5


≪鴨ロース≫

一湖房の鴨ロース、最高!

他に、合鴨deジンジャー(合鴨の肝の生姜煮)をアレンジしてつくったレバーペーストも絶品でした。

2016蔵人テマパ6


≪国産ブラータ トウモロコシのソース 生ハムを添えて≫

SHIBUYA CHEESE STANDのブラータを使っています。生ハムもスペインのベジョータ。レストランの味でした。横浜の絶品イタリアン、ビコローレのマネやから美味しくて当然ですが。

そして、いよいよ蔵人が一品ずつ持ち寄った具でポットラックテマパが始まります。

  続きを読む
Posted by iiokome at 08:59Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月16日

田植え体験会ってこんなに楽しいんです

5月下旬に行われた田植え体験会、延べ130人もの方に参加いただきました。

ご友人やご家族はもちろん、お一人で参加された方同士がペアとなって、棚田に緑の筆を入れてくれました。

2016田植え体験会


2016田植え体験会3


2016田植え体験会2


2016田植え体験会4


2016田植え体験会6


2016田植え体験会5


2016田植え体験会7


2016田植え体験会8


2016田植え体験会9


2016田植え体験会10


≪田植え体験会≫

標高400mの棚田で米を作る理由、それは生活排水や近くの田んぼから流れてくる農薬を避けるため。

機械の入らない棚田での作業は効率が悪いのですが、その分、たくさんの皆さんと知り合うことができました。これからもできる限り、この里山の景観を維持・保全していきます。お手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございます。

      五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月15日

田植えファッションショーセヤコレ2016春、入賞者発表

先月末5日間に渡って開催した田植え体験会。同時開催のファッションショーの結果をご報告いたします。

今回の審査員は〇イジェル・〇ーボン氏。
ミリタリーやワークウェアのコレクターとしても知られる氏の評価やいかに?

テーマは、「田植えをおしゃれで楽しそうに魅せてくれる装い」です。

まずは富士酢Tシャツ部門の田植リエの発表です。

2016田植えファッションショー


≪Iさん≫

田植え・稲刈り体験会において最多出場を誇るIさん、まさかの入賞!

〇イジェル・〇ーボン氏曰く、

「ネイビーをベースにしながらも、ビビッドなスカイブルーの五分丈Tシャツや『酢』を意味するSのロゴが入ったキャップ、ニーハイのブーツで個性を出してるね。富士通のTシャツ、僕も欲しいよ」

いや、富士通ではないんですが。

女性部門、田植リエールはこの方。

2016田植えファッションショー2


≪みーちゃん≫

ご本人のアピールポイントは、「ダボダボの富士酢Tシャツと長靴」だそうです。

〇イジェル・〇ーボン氏曰く、

「オーバーサイズのTシャツをワンピースのように着こなしてるね。キャップや長袖Tシャツで軽さを出しつつ、首に巻いたチーフでさりげなく赤を効かせたコーディネート。また、ブーツ上部のゴムを折り込むことで長靴をレザーブーツのように着こなしているの、気づいたかい? 小学生とは思えない大人の着こなし、未来のファッショニスタだね」

たしかに長靴の上の青いゴムがみえない。スゴ過ぎや。

続いて一般部門の田植リエの発表です。

2016田植えファッションショー3


≪馬場 健さん≫

長靴ではなく、足袋で登場!

〇イジェル・〇ーボン氏曰く、

「スカイブルーのTシャツを主役にしたコーディネート。彼がステキなのは肌の見せ方。九分丈のTシャツから手首を、五部丈のパンツと足袋の間からふくらはぎを。そして、アウトドアハットを浅めにかぶることで、おデコを出すことで若さと楽しさが伝わってくるね」

先述のみーちゃんと親子でダブル受賞、おめでとうございます。みーちゃんはオーバーサイズ、お父さんはタイトなTシャツで。うまいっ。


一般部門の田植リエールの発表です。

2016田植えファッションショー4


≪カブさん≫

ヌードカラーのプリントTシャツから堅気ではないなにかを感じます。

〇イジェル・〇ーボン氏曰く、

「タイトなロンTにゆったりめのパンツ、そしてこの着こなしの肝はピンクのチーフだね。今回のショーでもっともファッションを楽しんでる感じが伝わってきたよ。えっ、彼女は植物アーティストなの? 道理でただならぬセンスを感じたわけだ」

最後はおソロで賞の発表ー。

2016田植えファッションショー6


≪SAさん、YuAくん、YAさん≫

親子でおソロで賞。

〇イジェル・〇ーボン氏曰く、

「アメカジの王道のひとつ、ブロックチェックのシャツを主役にした着こなしだね。帽子とチノパンもベーシックでありながら、インテリジェンスを感じるよ。苗の緑とのコントラストを考えたコーディネートに一票!」

以上の方々がセヤコレ2016春の入賞者でした。
なお、賞品は以下のとおりです。

  田植リエ、田植リエール(4名) 『富士酢の米』3kgと非売品のお酢

  おソロで賞(1組)          非売品のお酢

次回のファッションショーは稲刈りです。
今度はどんなデザイナーさんが審査してくれるのでしょう。

      五代目 彰浩

  
Posted by iiokome at 09:17Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月21日

里山の春を感じる休日。田植え体験会&ファッションショーのご案内

酒造りも火入れと片付けを残すまでとなりました。今年は暖冬だったため、杜氏の藤本にとっては例年以上にむずかしい仕込みだったようです。とはいえ、これまでの経験を基に酒蔵チーム一丸となって、ええ酒を造ってくれました。

となると、伊藤は酒蔵から田んぼへ転勤になるわけで。今年も田植え体験会をお知らせする時季になりました。

2015田植え体験会


2015田植え体験会6


2015田植え体験会3


2015田植え体験会5


≪田植えの様子≫

黒い再生紙のロールを敷きながら手植えしていきます。

お昼はこんなお弁当をご用意しております。

2015田植え体験会9


≪ペンション自給自足のお弁当≫

棚田のさらに上に位置するペンションで丁寧につくられています。これを楽しみに来られる方も多いんです。

また、ファッションショーも同時開催。田植リエ、田植リエールに選ばれた方には非売品のお酢や『富士酢の米』を進呈いたします。

参加してみたいと思われた方はこちらをご覧ください。

  続きを読む
Posted by iiokome at 09:03Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月20日

無添加でおいしいものだけの催しを伊勢丹新宿店B1でやります

こちらでも紹介いただいております食伝道ユニット、HANDREDが伊勢丹新宿店にて1週間、これまでにない物産展を開催します。

≪HANDREDメンバー≫

私たちについては、ぜひこちらもご覧ください。

ISETAN×HANDRED 〜つなげていきたい日本の食卓〜

この催事が特別なのは、おそらくデパート始まって以来初めて、無添加で美味しいものをつくるお店だけが出店しているということです。ここに至るまでは伊勢丹さんと何度もやりとりをしながらたどり着きました。その意味において、英断いただいた伊勢丹さんに感謝です。

ただし、「無添加でやったはいいけど、売上は全然だったよね」と言われないよう、しっかりと実績をつくりたいと思います。それこそが、わたしたちのような生産者をたくさんのお客様に知っていただく最良の方法。

今回は私たち6社が他の生産者さんとそれぞれコラボレーションさせていただきました。1週間限りの特別なお品をご用意しております。

金沢まいもん寿司恵方巻


≪手巻きすし酢の恵方巻き≫

おそらく最初で最後の試み。

2月3日の初日のみ、この恵方巻きを販売されます。つまり、砂糖などの甘みをまったく使わずにつくったひと巻き。おそらく銀座などの高級鮨店以外では食べる機会のない逸品。

この1週間はすべて手巻きすし酢を使って、握り寿司をつくっていただきます。ガリまで特別に無添加のものをご用意いただきます。

朽木旭屋鯖すし


≪鯖寿司≫

朽木旭屋さんの鯖寿司、過去にこちらのお気に入り食材図鑑でもご紹介しておりますが、とにかく絶品です。

脂ののった鯖はもちろん、酢飯のうまみとまろやかな味わいに納得していただけるはず。ただし、必ず2時間ほど常温に置いてから召し上がってください。冷たすぎると美味しさが半減してしまいます。

コラボ商品


≪コラボ商品≫

(写真は校正前のものですので金額等異なる場合があります)

鈴廣かまぼこさんがつくる特別な揚げ蒲鉾。純米富士酢で漬けたガリが入ったものなど、5種類が用意されます。

また、個人的に興味津々なのが、八ヶ岳食工房さん。真澄の大吟醸粕を使った生ハム。ある特殊な製法により、スペインやイタリアの生ハムに比べて塩分を70%カットできたそうです。マストバイ!

boji


≪bojiさんの商品≫

手巻き寿司パーティなど、いつもお世話になっている赤坂のレストラン、bojiさんにも特別に出店いただきます。純米富士酢を使ったヴィーガンのタルタルソース、献上加賀棒茶や三ツ星醤油もろみを使ったクッキー、みりん粕(こぼれ梅)を使ったグラノーラなど盛りだくさん。

  続きを読む
Posted by iiokome at 08:05Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月21日

稲刈りファッションショーセヤコレ2015秋、入賞者発表

稲刈りから早1ヶ月、今回のファッションショーの審査員は〇ルネロ・クチ〇リ氏。いわずと知れたイタリアファッション界の巨匠。上質な素材と美しいテーラリングに定評があります。入賞者の着こなしについて感想をいただきました。今回もテーマは、「稲刈りをおしゃれで楽しそうに魅せてくれる装い」です。

まずは富士酢Tシャツ部門の稲刈リストの発表です。

セヤコレ2015入賞者


≪京都大学大学院生の関谷くん≫

ポーズの関係上、ロゴはみえませんが富士酢Tシャツで参加してくれました。

〇ルネロ・クチ〇リ氏曰く、

「ライトグレーのオールインワンにネイビーのTシャツと限りなくシンプル。私もこういう着こなしを提案しているから共感するよ。シンプルな中にも袖を腰巻きしたり、グローブで赤を挿したりといい感じ。ゴムブーツのブルーもアクセントになってるね」

たしかに赤が効いてますね。後輩のみんなにとっても着こなしのお手本。  続きを読む
Posted by iiokome at 13:41Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月05日

稲刈り体験会にご参加いただいた皆様、ありがとうございました

9月20日(日)21日(月)の両日に開催しました稲刈り体験会2015、おかげさまで無事に終わりました。

P1060938


≪参加者のみなさんと≫

どなたも怪我なく終えることができてほっとしております。って書きたかったのですが、蔵人2名が相次いでススメバチに刺され、病院送りに。こんなこともあるので、お客様が無事だったことが不幸中の幸いでした。

稲刈りファッションショーの入賞者発表はまだですが、取り急ぎ、稲刈りの写真をご覧ください。

DSC00795


DSC00808


DSC00955


≪稲刈りの手順≫

米づくり担当の伊藤、今井コンビが説明します。

二人にとってこの日は特別。半年間の努力をみなさんと分かち合える時間ですから。


  続きを読む
Posted by iiokome at 17:12Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月03日

お江戸百年塾(増上寺)で講演の機会をいただきました

このたび東京・芝公園にある増上寺で毎月行われているお江戸百年塾に呼んでいただくことになりました。京都フォーラムでお会いした鎌倉投信の新井さんにお声掛けいただいたことがきっかけです。

お江戸百年塾のサイトにはこのように書かれています。

お江戸百年塾は、「百年先を見据えてどう生きるのか?」を心に問いながら、百年の未来を明るいものとするために、個々がそして企業が社会に果たすべき役割を多面的に学ぶことを目指します。

飯尾醸造は小さなお酢屋ですので単体では大きな力はありません。でも、やり方によってはうまく社会を動かすきっかけをつくれると考えています。

祖父が無農薬米を原料に酢を造ろうと決意したきっかけや、父が農家の生活向上のためにやってきたことなども交えてお伝えしたいと思います。

お江戸百年塾


≪お江戸百年塾サイト≫

お江戸百年塾のサイトはこちらです。

ちなみに、今回の講演テーマ「関係する人から日本でいちばん必要とされるお酢屋を目指す」とは、現在の飯尾醸造の経営理念です。

お江戸百年塾2


≪経営理念≫

小さなお酢屋ですから1億2千万人から「日本でいちばん必要とされる」ことは難しいのですが、関係する方々から必要とされるお酢屋を目指しています。

当日は18時半スタートとお腹が空く時間かと思いますので、試食程度ですが具のないシンプルな手巻き寿司を召し上がっていただこうと考えております。ってことで、手巻キングも来ます。

ご興味を持っていただけた方はこちらからお申し込みをお願いいたします。

では、お会いできますことを楽しみにしております。

       五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 10:08Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月18日

今年もお手伝いいただけますでしょうか、2015稲刈り体験会&ファッションショーのご案内

8月1日に穂が出ました。

ってことはそろそろ稲刈りの日程を決めないと。

出穂


≪稲の花≫

都会の方にとってはめずらしいのではないでしょうか。

稲刈りまではまだ1ヶ月ほどあるため、今後の天候を予想するのはむずかしいのですが、ムリヤリ伊藤と日程を決めました。

9月20日(日)、21日(月)のシルバーウィーク真っ只中。みなさま、大丈夫でしょうか? ホテルの手配もかなり心配。すでにどこも部屋数が少ない状態のようです。お早めにお申し込みいただけるとうれしいです。

さて、稲刈りの作業風景はこんな感じ。

DSC_7818


DSC_8148


DSC_7903


DSC_7952


DSC_7979


≪稲刈りの様子≫

稲を刈り、ワラで縛り、肩に担いで運び、稲木に干す。いろんな作業があるので、私は大好きです。

鎌で手を切ったり、マムシに咬まれたりという万が一の事故のためにも毎年、飯尾醸造で保険に入っております。というと参加者が減ってしまう? 過去、飯尾醸造の関係者でマムシに咬まれた人はいませんが、田んぼにはそういうリスクがあることもご理解いただけますでしょうか。

なお、同時開催の稲刈りファッションショーも。稲刈り体験会の応募者多数の場合、ファッションショーに参加いただける方を優先して抽選いたします。

DSC_8116


≪ある年のファッション≫

「稲刈りを楽しくかっこよくみせる装い」をご自身の解釈で表現していただけましたら幸いです。

応募方法は下記をクリックしてください。

  続きを読む
Posted by iiokome at 09:33Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月30日

大変遅くなりましたが、2015田植えファッションショーに参加いただいたみなさんです

田植え体験会から早2ヶ月。マ、マズい。

手巻キングなど、他の仕事に追われて全然UPできていませんでした。楽しみにお待ちいただいた方々、本当に申し訳ありません。

田植えファッションショー2015


≪facebookページのアルバム≫

今年の田植え体験会も4日間で延べ100名を超える方々にご参加いただきました。本当にありがとうございました。お陰様で天候にも恵まれました。ほんのちょっとだけ雨は降りましたが、概ね、晴天。米作り担当の伊藤、今井とともにほっとしたことを憶えています。

今回の田植えファッションショーについては、こちらのfacebookページをご覧ください。

ちなみに稲刈りは9月19日からのシルバーウィークか、9月25日26日の週末あたりになりそうです。たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

いつも本当にありがとうございます。

       五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 10:10Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月19日

田植えファッションショーセヤコレ2015春、入賞者発表

年々、各ファッション誌の編集者からの注目度がUPしている飯尾醸造の田植えファッションショー、通称セヤコレ2015Early Summerの発表です。

今回は〇ルメスの新しいアーティスティックディレクター、ナ〇ージュにみなさんの着こなしについて感想をいただきました。今回もテーマは、「田植えをおしゃれで楽しそうに魅せてくれる装い」です。

まずは、「地球を救ってくれたで賞」のこの方。

セヤコレ2015春9


いや、間違えた。

この方です。

セヤコレ2015春


≪地球を救ってくれたで賞≫

地球のみんなから少しずつパワーを分けてもらって悪者をやっつけてくれました。

ナ〇ージュ曰く、

「〇ルメスのコーポレートカラーであるオレンジを大胆に使ってあるのはとてもうれしいです。また我々は動物シリーズの小銭入れをつくっていますが、彼は漢字を使ってタートル(亀)を表していますね。今後のデザインの参考にさせていただきたいです。ビタミンカラーのオレンジが棚田に映えて、私も元気が出てきます。えっ、元気玉ポーズっていうの?」

お陰で無事に田植えを終える事ができました。彼女からこんなのが贈られてくるかも?

セヤコレ2015春10


≪動物シリーズ 小銭入れ≫

続いて、富士酢Tシャツ部門の田植リエの発表です。

  続きを読む
Posted by iiokome at 07:46Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月18日

京都フォーラムで話をさせていただくことになりました

来たる7月25日(土)、ハイアットリージェンシー京都にて「いい会社をふやしましょう」というテーマの下、話をさせていただく機会をいただきました。

京都フォーラム


京都フォーラム2


≪京都フォーラムwebsite≫

京都流議定書と題して、毎年3日間にわたって行われるイベントの中で、京都フォーラムは今年で8回目だとか。

私の話はともかく、ぜひ鎌倉投信の新井さんの話を聴きに来ていただけたら。先月、NHKプロフェッショナルでも取り上げられた新井さんは、著書「投資は『きれいごと』で成功する」でも会社やご自身のスタンスを紹介されていますが、ナマで聴きたいものです。

その後は「人と経営研究所」の大久保寛司さんと3人で「いい会社をふやしましょう」というテーマの下、1時間半ほどディスカッションする予定です。

お近くの方はぜひお運びいただけますとうれしいです。
お問い合わせやお申し込みはこちらからお願いいたします。

        五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:31Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月03日

田植え体験会2015にご参加いただいた皆様に心より感謝

5月末、4日間に渡って開催しました田植え体験会2015、お陰様で天候にも恵まれ、無事に終える事ができました。延べ100名を越える参加者のみなさま、本当にありがとうございました。

2015田植え体験会


2015田植え体験会2


2015田植え体験会3


2015田植え体験会4


2015田植え体験会5


2015田植え体験会6


2015田植え体験会7


2015田植え体験会8


≪田植えの様子≫

ベテランの方が多いこと、また社員の段取りがよくなったこともあり、数年前に比べてかなりのスピードで作業が進みました。米作り担当の伊藤や今井にとって、田植え直前の作業が追いつかないほど。うれしい悲鳴でした。


  続きを読む
Posted by iiokome at 08:41Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月31日

土と戯れる春の休日。田植え体験会&ファッションショー2015のご案内

またお手伝いいただけないでしょうか。

今年の冬は例年に比べて雪が少なかったため、世屋の棚田もそろそろ田んぼの準備が始まります。桜は毎年4月20日前後ですので、平地とはずいぶん違いますが。

蔵人の伊藤も酒造りを終えて、そろそろ米作り担当として動き出します。苗をつくる準備をしつつ、田を起こし、水を張り、あぜを直し、草を刈る。皆様にお越しいただくまであと2ヶ月。季節の移り変わりを感じながらの作業です。

まずは昨年の田植えの様子をご覧ください。

DSC_0819


DSC_0245


DSC_0526


DSC_0958


DSC_0631


DSC_0428


≪田植え体験会の様子≫

これまでもっともたくさん参加していただいた方は田植えと稲刈り合わせて15回。なんと東京から新幹線とレンタカーを使って来ていただきます。ホンマにありがたいことです。延べ4日参加いただくと蔵人のユニフォームである富士酢Tシャツをプレゼントしております。これまでに30枚以上お渡ししました。リピートしてくださる方が多いので蔵人とも仲良し。だからわたしたちにとって楽しい時間です。初めての参加者の方もすぐに馴染んでいただけてるようです。

ちなみに同時開催のファッションショーはこんな感じ。

田植リエ


田植リエール


スーパーマン


スッパイマンで賞


≪田植えファッションショー2015≫

詳しくは下記をご覧いただきたいのですが、入賞者のみなさんには富士酢の米(3kg)や非売品のお酢をプレゼントいたします。

では、今年もたくさんのご応募をお待ちしております。

  続きを読む
Posted by iiokome at 15:45Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月23日

蔵人ポットラック(持ち寄り)テマパはむちゃくちゃ楽しかった

テマパの聖地、飯尾醸造で初のポットラックテマパを開催しました。

飯尾醸造ポットラックテマパ


飯尾醸造ポットラックテマパ2


≪会場の様子≫

急だったこともあり、この日の参加者は14名と普段の2/3くらい。ちょっと少なかったのですが、一人で食べられる量も決まっているのでちょうどよかったのかも。

飯尾醸造ポットラックテマパ3


飯尾醸造ポットラックテマパ4


≪箸置き≫

幹事さんがこんな箸置きをつくってくれていました。飯尾醸造では食事会のときは幹事がくじ引きをつくり、席順を決めるという慣習があります。これはすばらしい!

飯尾醸造ポットラックテマパ5


≪メニュー≫

今回はみんなひと品ずつ持ち寄る形式でした。メニューも幹事さん作。それ以外に刺身や鴨ロース、鮒寿司の飯(いい)、カレー風味の玉子サラダなど、私も5品ほど用意しました。飲み物はよなよなリアルエール缶に国産スパークリングワイン、純米酒など奮発して。

それでは宴が始まります。

  続きを読む
Posted by iiokome at 11:23Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月20日

手巻キングの公式テマパをやりたい方、大募集

1年半ほど前からしきりにテマパ(手巻き寿司パーティーの略)を連呼しております。

東京への社員旅行でお客様を募集して開催したのに始まり、5月には伊勢丹新宿店の「チアアップ ニッポン」という催しにて1日限定15名様「究極の手巻き寿司」。その後も8月、11月とお客様を募集して開催しました。1年で延べ200名以上に楽しんでいただきました。初心者編に始まり、中級編では参加者特典としてテマパ完全マニュアルをお渡ししたのですが、お陰様でこれが大好評。赤すし酢の発売以来、富士酢ユーザーのテマパ率が高まっていることを実感しております。

DSC_9027


DSC_9025


手巻き寿司2


≪テマパの様子≫

さて、そんなテマパをやってみたいけど、美味しくつくる自信がない方に。また、手巻キングの技術を盗んで自らがテマキングになりたい方も。

あなたのレストランや会社、ご自宅に手巻キングが出張して、最高のテマパを演出します。ご自宅や会社ならポットラック(持ち寄り)パーティー形式にしても盛り上がります。

やってみたい、と思われる方は下記を読んでいただきご応募ください。なお、応募者多数の場合は抽選となりますことをご理解いただけますと幸いです。

     【手巻キング公式出張テマパ応募要項】

1.応募条件  飯尾醸造公式通販サイトのお客様であること

2.場所  日本国内(来年以降は海外も?)

3.日程  下記のいずれか

      5月16日(土)
      6月21日(日)
      7月18日(土)〜20日(月)のいずれか
      い修梁勝△幹望される日

4.人数  20〜40名

5.参加費 一人あたり2,000円
       (赤すし酢、海苔をひとつずつお持ち帰りいただきます)

6.飯尾醸造がお貸しできるもの(無料)

       ・炊飯器、飯台、宮島、ザルなどの酢飯づくりの道具一式
        (返送料のみご負担ください)

7.飯尾醸造が提供できるもの

       ・当日使う米、お酢、海苔
       ・テマパ完全マニュアル
       ・テマキングの知識や技術

8.お客様にご用意いただくもの

       ・刺身などの具
       ・醤油などの調味料
       ・飲み物
       ・その他、会場でパーティーを開く際に必要な備品
       ・テマパを成功させるための熱意

9.応募方法

       fujisu@iio-jozo.co.jp
       電話 0772-25-0015

たくさんのご応募をお待ちしております。

      五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月18日

海苔がサクッ、旨み溢れる酢飯の手巻き寿司、試食できます。本日(2/18)より横浜高島屋で味百選に出店します

本日、2月18日(水)より24日(火)まで、横浜高島屋8階催事会場にて、グルメのための味百選が開催されます。

横浜で初めて手巻き寿司の試食をお持ちしますので、ぜひその美味しさを体験していただけましたら幸いです。

シャリ切り


シャリ切り2


≪シャリ切り≫

今回は1年間低温で熟成した「富士酢の米」で酢飯を作ります。タイミングが合えば、美味しい酢飯づくりのコツも実際にご覧いただけます。米の洗い方や水加減、酢の合わせ方など、なんでも聞いてください。

お会いできますことを楽しみにしております。

     五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月11日

テマパ(手巻き寿司パーティー)中級編、大盛況に終わりました

11月22日に食通工房 然 汐留店で開催したテマパ中級編には40名を超えるみなさんにご参加いただきました。本当にありがとうございました。スタッフのみなさまにもいろんなワガママに対応いただきましてことに改めて感謝。

11月テマパ


≪会場の様子≫

8月に開催したテマパ入門編からのリピーターも多く、和気あいあいとした雰囲気の中、楽しい時間を過ごすことができました。

まずはウェルカムドリンクとともに前菜を4皿ほど召し上がっていただきました。

11月テマパ4


≪ぶり大根≫

残念ながら私自身はまったく食べる時間がなかったのですが、みなさんから美味しかったといううれしいお声をたくさんいただきました。そして、いよいよ手巻き寿司へ。

8月に開催したのは「テマパを楽しんでいただく」ための入門編。一方、今回の中級編では、「ホストとしてやるべきこと」をテマパ完全マニュアルとして配布するとともに、何人かの方には酢飯づくりも体験していただきました。まずは不肖、あたくしめがお手本を。

11月テマパ2


11月テマパ3


11月テマパ8


≪酢飯づくり≫

この日は米8合を6回も炊いたのでした。しかも、お米は「富士酢の米」天日干し1年熟成もの。酢飯ってホンマに大事。美味しいお寿司を召し上がっていただくために、蔵から炊飯ジャー2台を送り込み、洗米、浸漬、水加減などもすべて一人で仕込みました。ここ、ホンマに大事です。


  続きを読む
Posted by iiokome at 09:32Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月31日

11月5日(水)から7日間、日本橋高島屋で味百選。「赤すし酢」の酢飯をご試食いただけます

毎年恒例の味百選@日本橋高島屋。

今年は初めて「赤すし酢」をお披露目します。

016-036_HP


赤すし酢360ml 1,296円≫

手巻き寿司をする場合、1本で12合の酢飯をつくることができます。

ちなみに蔵に来ていただくか飯尾醸造公式通販ページでしか販売しておりません。といいますのも、7年から8年ほどかかるためごく少量しか造れません。

こればっかりはお酢を舐めてもらっても美味しさが伝わらないので、ご飯を炊いて酢飯を試食していただこうかと。接客しつつなのでどれだけできるかわかりませんが。

シャリ切り


シャリ切り2


≪シャリ切り≫

タイミングが合えば会場でこんなところを見ていただけるかもしれません。ただ、人肌に冷めて初めて美味しくなるため、召し上がっていただくには少しお時間いただきます。

803-003_HP


≪成清さんの海苔10枚 864円≫

成清さんの海苔で巻いたものを召し上がっていただきます。この美味しさにびっくりされるはずですので、いちおう販売用にもお持ちする予定です。

では、お会いできますことを楽しみにしております。

      五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:01Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月22日

2014年11月22日(土)、東京・汐留で手巻き寿司パーティー(中級者編)開催のご案内

8月に開催した手巻き寿司パーティー(テマパ)初級編が思いのほか好評でして、何人もの方からリクエストをいただいたことに気分をよくして、今度はテマパ中級編を開催します。

DSC_9025


初級編のテーマが「学べる手巻き寿司」だったのに対して、中級編では「あらゆる交渉を解決に導くためのツール、手巻き寿司」です。以下のような方にはぜひご参加いただきたい。

  ・外務省に勤務してタフな外交問題に頭を悩ませている方

  ・友好的、敵対的問わずM&Aをしかけようと考えている方

  ・今よりも条件のよい職場に転職したい方

  ・意中の人に告白しようと考えている方

手巻き寿司がきっかけで、より充実した生活を送れるならそんなハッピーなことはありません。今回は「テマパ完全マニュアル」付きの特別編です。これがあればご自宅ではもちろん、首相の外遊先などでも完璧なテマパを開催することができます。いっそのこと書籍にしようかと考えているくらい。ホンマはこれからつくります。

前回と同様に、パーティー前にシャリの切り方講座もやります。

テマパ@ファームキッチン然3

DSC_9019


≪酢飯のつくり方講座≫

限定10名様です。

では、ご興味のある方は下記の応募方法をご覧いただけますでしょうか。

  続きを読む
Posted by iiokome at 09:19Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月10日

稲刈りファッションショーセヤコレ2014、入賞者発表

長らくお待たせいたしました。田植えに引き続き、稲刈りファッショニスタのみなさんをご紹介します。

「稲刈りをかっこよく楽しそうに、そしてご覧になった方が参加したくなるような装い」をみせてくださった方々に稲刈リスト、稲刈リーゼの称号とともに非売品のお酢と「富士酢の米」を贈呈いたします(今月末か来月頭に送付予定です)。

総評として、頭から足元まで全体のコーディネートを意識される方が増えたように感じました。特に面積の大きいロングブーツ(長靴)の色やデザインが着こなしを大きく左右することは言わずもがなです。「投資すべきは、まず靴である」とは作家であり服飾評論家だった故・落合正勝氏の名言。田植え、稲刈り体験会ともに飯尾醸造で長靴を用意しておりますが、ご自身で用意(投資)される方が増えたことはファッションショー選考委員長としてうれしいことです。遠方からわざわざ長靴持参で参加くださったみなさまの本気っぷりに感謝です。

また、今回は残念ながら「おソロで賞」は該当者がありませんでした。来年の田植えファッションショーでおしゃれの競演を期待しています。

では、さっそく富士酢Tシャツ部門の稲刈リストの発表です。

図1


≪Iさん≫

ネイビーにグレーと色を抑えつつ、首に巻いたスカーフとロングブーツのふちどりにレッドを効かせたスポーティーでありながら大人の着こなし。

トム・〇ォードいわく、

「主催者という立場からもミニマムな着こなしを意識しつつ、それでいて随所に遊びを効かせている。私がサングラスの弦部分にTのデザインを入れるのと同じテイストを感じるね。来年秋冬の専属モデルとしてスカウトしたいくらいにしゅっとしてる。ポージングも流石だね。」

とお褒めの言葉をいただきましたが、さすがに主催者ですので今回は辞退させていただきました。その結果・・・

10694390_747057622017514_4265827547085432547_o


≪Fさん≫

ネイビー、ブラック、カーキ色とシンプルに稲との共生を図っている。そしてキャップとサングラスでスポーティに味付けされた円熟のコーディネート。

スポーツサングラスメーカー、Oークリーのジム・ジャ〇ードいわく、

「我々は機能とデザインの双方を損なうことなく融合することを意識して開発しているが、彼も帽子やサングラスで目を守ることによって作業スピードを最大化することを考えた着こなしだね。そのストイックな考え方はアスリートに近いのかもしれない。お酢リート?」

酢的なアメリカンジョークをいただきました。

続いては富士酢Tシャツ部門の稲刈リーゼ。

10633384_746645415392068_498842496102328342_o


≪Oさん≫

ロングTシャツのイエローで楽しさを表現しつつ、同系色の帽子や稲とカラーコーディネート。特に秀逸なのはグリーンのブーツ。なんと「日本野鳥の会」のオフィシャルグッズだとか。これは欲しい。ここから購入できるそうです。

バーバリーのデザイナー、クリストファー・Bイリーいわく、

「バーバリーチェックと同様にベージュはやわらかくノーブルな印象を与えてくれます。そこにグリーンのブーツが全体を引き締めつつ、Bのロゴがポップで活動的な印象に。また、腰に着けたワラや肩に担いだ稲もコーディネートに楽しさを表現しているね。このバランス感は文句なしに稲刈リーゼだよ。」

世界のモード界をリードする彼からこんなに褒められるなんて、うらやましい。

では、一般部門の稲刈リストは?

10679831_746196798770263_3911281691642382988_o


≪Fさん≫

きれいなブルーのワークキャップにボーダーTシャツ、オレンジのハーフパンツと多色使いで楽しさを表現。しかししかし、それよりも印象的なのは愛娘までもファッションの一部にしてしまったことでしょう。父娘が一体になったカラーコーディネートは随一。黒いただの長靴もタイツの延長として見事にマッチしています。しかもこの状態で稲刈りしてくれてました。すごい。

タレントで子供服のデザイナーとしても活躍するC秋いわく、

「すげぇカワイイじゃん。ベビーキャリアのパープルがおしゃれ。帽子の色もきれいだしメガネも似合ってる。私もアグリファッションブランドやろっかな。これから流行りそうだし。」

みなさん、農業がキテますよ。

最後に一般部門の稲刈リーゼはこの方です。

10694258_746645402058736_4680179254429865105_o


≪Mさん≫

甘辛のバランスが絶妙ー。上半身はオレンジのワンピースで甘めに、下半身は黒のパンツに合わせてエンジニアブーツ。稲のベージュ〜イエロー、ワンピースのオレンジのグラデーションがお見事です。

Hルメスのクリエイティブディレクター、クリストフ・Rメールいわく、

「うちのコーポレートカラーでもあるオレンジということを差し引いても楽しさが溢れている着こなしだね。それに白地にブルーのスカーフもステキ。ウエストを白いリボンベルト?でマークしているから脚長効果もあってシルエットもきれい。エレガンテ」

稲刈リスト、稲刈リーゼともにオレンジをうまく使われていました。結果的にペアルックのように見えますね。今回もたくさんの方々に参加いただき、華やかで楽しさいっぱいのファッションショーになりましたこと、改めて感謝申し上げます。なによりケガや事故なく無事に米作りを終えられたことにほっとしております。ファッションショーを含めた稲刈り体験会の様子は10月最終週の土曜日に放映されるBSフジ「夢の食卓」にて放映いただく予定です。

また、このブログでご紹介できなかったみなさまの稲刈りルックはfacebookページをご覧ください。

来年の主役はこれを読んでいるあなたです。ぜひたくさんのご応募をお待ちしております。ありがとうございました。

    五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:22Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月25日

稲刈り体験会にご参加くださったみなさまに心より感謝

9月20日(土)21日(日)の両日、宮津市上世屋の棚田で稲刈り体験会を開催しました。

直前まで天候を心配しておりましたが、多数の晴れ男と晴れ女にご参集いただいたお陰でええ天気になりました。「わたしのお陰よ」とにやっとされた貴方、ありがとうございました。

image


image


image


≪稲の刈り方を説明≫

近年は初めての方よりもベテランさんが多く参加くださるため、伊藤や今井の説明後はそれぞれの田んぼでミニレクチャーが行われています。ビバ、富士酢Tシャツホルダー。

image


image


image


image


≪稲刈りの様子≫

土曜日は50名、日曜日は40名と過去最多の参加者のおかげで作業はさくさく進みました。

毎年、マムシに咬まれないように願って(念のため、参加者全員の傷害保険にも加入して)体験会を開催します。お陰さまで今年も全員が怪我なく楽しい時間を過ごしていただきました。

今回はテレビ取材が入る特別な体験会。BSフジの人気番組「夢の食卓」の撮影クルーが2日間に渡って稲刈り体験会を取材してくださいました。参加者のみなさんも多数、インタビューされてましたので放映が楽しみ。10月下旬の土曜日夜とその翌週土曜日朝(再放送)の予定です。

同時に開催した稲刈りファッションショーの結果は厳正なる審査の後、大々的に発表いたします。こちらもぜひ楽しみにお待ちください。田植え体験会および稲刈り体験会にご参加くださったみなさまに蔵人一同、心から感謝申し上げます。

       五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 09:03Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月25日

またお手伝いいただけますか? (今年はちょっと特別な)稲刈り体験会&ファッションショーのご案内

お陰様でいまのところ、順調に育ってくれています。ただ、8月は全国で大きな被害をもたらした大雨の影響で日照時間が足りてないんじゃないかと心配しております。とはいいつつ、1ヶ月前に天候を予想して稲刈りを日程も決めないといけないわけで。米作り担当の伊藤にとっては難しいところです。

それはそうと、今年の稲刈り体験会は特別企画。テレビの取材をしていただくことになりました。BS放送の人気番組です。みなさんにお手伝いいただきながら棚田を維持・保全している様子やお酢造りの仕込みなども丁寧に撮っていただきます。というわけで、みなさんもテレビに映るかもしれません。それは困るという方は事前にご一報いただけますでしょうか(応募者多数の場合、テレビOKの方を優先させていただきます)。

棚田2


DSC_4067


稲穂


DSC_4083


DSC_4148


2011稲刈り体験会5


2011稲刈り体験会9


DSC_4247


≪過去の稲刈り体験会の様子≫

鎌で刈り、稲藁で束ね、トラックまで運び、稲木に干すという4つのステップです。いちばん難しいのが束ねる作業。軍手をしていては強く縛ることはできません。コツについては当日、私たちやベテランの方々からレクチャーしますのでご安心ください。なお、今年は田植えまたは稲刈り体験会に参加くださった方にのみ、「富士酢の米」を販売させていただきます。

また、鎌で手を切ったり、マムシに咬まれたりという万が一の事故のためにも毎年、飯尾醸造で保険に入っております。というと参加者が減ってしまう? 過去、飯尾醸造の関係者でマムシに咬まれた人はいませんが、田んぼにはそういうリスクがあることもご理解いただけますでしょうか。

なお、同時開催の稲刈りファッションショーも。稲刈り体験会の応募者多数の場合、ファッションショーに参加いただける方に優先して抽選いたします。

稲刈りファッションショー結果4


≪過去の稲刈リーゼ≫

こんな風にスタイリッシュに決めてご参加ください。一般部門の他に富士酢Tシャツ部門もあります。

では、詳細について。
  続きを読む
Posted by iiokome at 10:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月12日

学べる手巻き寿司パーティー、大盛況に終わりました。ご参加くださったみなさまに感謝

8月9日(土)にファームキッチン然 大手町店で開催しました「学べる手巻き寿司パーティー」にご参加くださったみなさま、ありがとうございました。30名の募集に対して35名も集まっていただきました。

テマパ@ファームキッチン然2


≪ファームキッチン然 大手町店≫

オーナーの大西社長は飯尾醸造の田植え稲刈り体験会の大ベテラン。いつもありがとうございます。今回もいろいろムリを聴いていただきました。

昨年からテマパ(手巻き寿司パーティー)を日本中に流行らせようと活動しておりますが、なんだか盛り上がってきた感があります。私だけ?

テマパ@ファームキッチン然


≪ドレスコード≫

当日のドレスコードはブラックタイ。いわゆるフォーマルウェア。パイピングの入ったタキシードにネイビーのボウタイ(手織りの丹後ちりめん@KUSKA謹製)を合わせてみました。参加者のみなさんも背中ぱっくりのカクテルドレスや着物など、オペラやミュージカル、クラシックコンサートのようにオシャレして来てくださいました。いや、その予定でしたが、カジュアルな装いの方が多かったような気がします。

テマパ@ファームキッチン然3


テマパ@ファームキッチン然4




≪酢飯づくり講座≫

まずは限定6名様に酢飯づくりのコツをお伝えしました。米の選び方や洗い方、水加減、酢飯の切り方などなど。もちろん、お酢は赤すし酢。蔵の通販限定ですので、お店には売っていません。というのも、1本造るのに7年以上もかかりますので。

この日は総勢35名ということもあり、3升ものご飯を炊きました。そのため、家庭用の飯台(寿司桶)ではとうてい間に合いません。というわけで飯尾醸造の蔵で眠っていた2升用の飯台で。

家庭ではこれだけの量を仕込むことはありませんのでなかなか楽しんでいただけたかも。

  続きを読む
Posted by iiokome at 10:19Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月24日

参加者募集します、東京・大手町で「学べる手巻き寿司パーティー」

8月9日(土)、飯尾醸造のお客様限定の手巻き寿司パーティーを開催します。

DSC_9022


今回のテーマは「学べる手巻き寿司」。あなたがパーティーのホストになったとしたら、どんな準備が必要なのかをお伝えします。例えば、

  ・どんなお米を使えばいいのか

  ・お米の研ぎ方や水加減、浸漬時間は?

  ・粘りの出ない美味しい酢飯のつくり方は?

  ・海苔の切り方は?

  ・誰もが好きな定番の具は?

  ・ちょっと変わった具で驚かせたい

などの疑問にもお答えします。当日、写真をたくさん撮って参考にしていただけたら幸いです。なお、当日は1時間早く来ていただける6名様限定で酢飯の切り方講座も開催します。

DSC_9009


DSC_9019


≪酢飯のつくり方講座例≫

炊き上がったごはんの温度、粘りの出ない合わせ方など、実践していただきます。

ちなみに使うお酢は赤すし酢。

003-036a_HP


赤すし酢360ml 1,296円

江戸前鮨用の特別なお酢。1本造るのに7年以上かかるため、お店には並ばないお酢です。魚介類との相性はバツグン。

803-003_HP


成清さんの海苔 750円

この海苔の美味しさを知ったお客様の中には、「具がなくても美味しい」とうれしいお声をいただいております。なんてったって成清さんの海苔ですからね。こんな贅沢な手巻き寿司パーティーありませんよ。

詳細は下記を読んでいただき、ご応募ください。


  続きを読む
Posted by iiokome at 10:06Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月18日

田植えファッションショーセヤコレ2014、入賞者発表

大変お待たせしました、セヤコレ2014の結果を発表いたします。

ありがたいことに年々、参加してくださる方が増えてきました。稲刈りには私も、とお考えの方は早めに準備をお願いします。

では、「田植えをかっこよく、楽しそうにみせる装い」ですばらしいパフォーマンスをみせてくださった皆さんをご紹介します。

まずはおソロで賞から。

おソロで賞


≪Kさんご夫妻≫

神戸から毎年来てくださる大ベテランのお二人、今回は円熟のペアルックを披露してくれました。富士酢Tシャツにベージュのパンツ、デニム地の帽子に富士酢手ぬぐいに至るまで完全コピー状態かと思いきや、グローブだけはライムグリーンとオレンジでさりげない個性を演出。

ピーコ曰く

「年齢を重ねると色の使い方は二極化するのよ。よくあるのが大阪のヒョウ柄おばさんみたいにド派手な色や柄でグイグイくる感じ。一方でダークブラウンやバーガンディのような沈んだ色に終始する遊びの少ないタイプ。その点、このご夫婦はベーシックな色でまとめつつ、面積の小さいグローブをビビッドな色使いで遊んでるのがいいわね。辛口のコメントしようがないわよ。」

個人的には2種類の富士酢手ぬぐいを使っていただいているのもうれしかったです。秋にはイノシシ柄の手ぬぐいが活躍するかも?

さて、実はおソロで賞がもうひとりいらっしゃいます。

  続きを読む
Posted by iiokome at 14:51Comments(1)TrackBack(0)

2014年05月07日

スーパー手巻き寿司@伊勢丹新宿店のご案内

いま、手巻き寿司がアツい。

というか、飯尾醸造は今年、手巻き寿司の楽しさを全国の皆様に知っていただく活動をしていきます。その第一弾が伊勢丹新宿店であれば、どなたにも納得いただけるでしょう。

5月28日(水)から6日間にわたって開催される「チアアップ! ニッポン 日本の食と暮らし展」では手巻き寿司を召し上がっていただけます。しかも、シンプルに酢飯と海苔、醤油の美味しさを味わっていただくための手巻き寿司、それがスーパー手巻き寿司。

スーパー手巻き寿司@伊勢丹新宿店


≪手巻き寿司スペースの案内≫

※クリックすると拡大できます

今のところ、下記のスケジュールで売場に立っています。

  5月28日(水)  飯尾
  5月29日(木)  飯尾

  5月31日(土)  成清海苔店 成清さん
  6月1日(日)   ミツル醤油 城くん 

私は田植えの最中なので他の日はいませんが、お酢だけでなく成清海苔店のさっくりとろりん海苔ミツル醤油の製品「生成り、」も販売しております。

12時から整理券を配布、13時より召し上がっていただけますので、ぜひお運びください。他の時間にもゲリラ的に召し上がっていただけるタイミングをつくる予定と聞いております。まずは私たちのブースにお越しください。他にも国産ワインや国産クラフトビールとおつまみを楽しめる「ぐい飲みバル」も。楽しみやー。

      五代目 彰浩  
Posted by iiokome at 09:06Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月15日

明日から7日間、名古屋高島屋の味百選に出店します

富士酢製品は製造量に限りがあることもあって、物産展への出店を少しずつ減らしています。現在、毎年出店しているのは高島屋の味百選のみ。しかも、日本橋(東京)、横浜、名古屋の3店です。

  なぜ名古屋?

と思われるかもしれません。それは、9年前に初出店した際の担当者に恵まれまして。部署異動になり、ハンカチやアクセサリー売場など飯尾醸造とはまったく関係ない部署になってからも、田植えや稲刈りの手伝いを続けていただいています。だからこそ、その方が名古屋高島屋にいらっしゃる限り、毎年、名古屋だけには出店せねば。もちろん、馴染みのお客様が来てくださるのもありがたいことです。

今回のおススメは下記の2つ。

DSC_9025


016-036_HP


≪赤すし酢360ml 1,296円≫

砂糖を使っていないのにまろやか。赤すし酢は手巻き寿司には最高です。

1-DSC_8965


803-001


≪ファイトケミカルプラス(20日分) 3,240円≫

健康と美容のために毎日飲んでいただきたい野菜スープ。抗酸化力は野菜ジュースの100倍以上。アンチエイジングにお役立てください。

飯尾醸造からご案内状をお届けしているお客様はファイトケミカルプラスを試飲いただけます。ぜひハガキをお持ちください。

では、皆様にお会いできますことを楽しみにしております。

      五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 11:03Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月05日

Help Us! 田植え体験会&ファッションショー2014のご案内

酒造りがひと段落した伊藤、4月からはトラックで毎朝、棚田に向かっております。皆様にお手伝いいただく田植え体験会に向けて、田んぼの補修や荒起こし、育苗用ビニールハウスのプール作りなど、毎年のことながらやることはモリモリ。

彼にとって、皆様に植えていただく健康な苗を作ることが当面のミッション。

2011田植え体験会3


飯尾父子


2011田植え体験会5


先週末に植えた田2


≪田植えの様子≫

私たち蔵人が耕作する棚田は100%手植えです。しかも、雑草の繁殖を抑える目的で、紙マルチと呼ばれるシートを転がしながら苗を植えるという荒行。おそらく、日本でもっとも大変な田植えのひとつやと思います。

そんな大変な田植えですが、毎年、全国から駆けつけてくださる皆様のお陰で棚田の景観を守ることができます。収穫量を求めるのなら、田植え機が入る広い棚田で米作りをすれば楽なんですが、そういうわけにもいきません。

なお、今年は田植えまたは稲刈り体験会に参加くださった方にのみ、「富士酢の米」を販売させていただきます。

2013田植えファッションショー


2013田植えファッションショー3


≪去年のファッションショーの様子≫

こんな感じに写真を撮らせていただきます。毎年、気合を入れて来てくださる方々に私たちが楽しませてもらっています。

さて、田植え体験会の詳細については下記をご覧ください。

日程:2014年5月24日(土) 9:00〜16:00 酒米(五百万石)

    2014年5月25日(日) 9:00〜16:00 酒米(五百万石)

    2014年5月31日(土) 9:00〜16:00 コシヒカリ

    2014年6月1日(日) 9:00〜16:00 コシヒカリ

  2日連続の参加も大歓迎です。

集合:上記の開始時間に現地(宮津市上世屋)にお運びください。
   遠方よりお越しの方は、時間によっては、宮津駅等の送迎もできます。

解散:現地または宮津駅

場所:京都府宮津市上世屋の棚田

内容:午前・午後とも田植え体験
   途中、12時頃から昼食(地場の食材で作ったお弁当)

参加費:無料
     美味しいお弁当と飲み物は当蔵で準備いたします。
     集合場所までの交通費や宿泊費は各自でご負担願います。

参加特典:収穫したお米を特別価格にてお求めいただけます。なお、お送りするお米には、当日植えていただいた田んぼ以外の米も含まれますのでご了承ください。(当蔵の耕作する上世屋の棚田の範囲内です。)

     玄米・白米共通で3kg=2,200円(税・送料込)お一人様 2袋まで

持ち物:着替え、タオル、田植え専用の長靴、軍手
   (長靴や軍手はこちらでお貸しすることもできますが、お持ちの方は持参ください)

応募条件:弊社のお客様台帳に記載されている方と、そのご関係者(ご家族やご友人など)で、小学生以上の方

定員:各日20人(応募者が定員を超えた場合は抽選とさせていただきます)

締切:4月16日(水)

参加者への通知:4月18日(金)

申込:メール fujisu◆iio-jozo.co.jp (◆=@)
   FAX 0772-25-1414
   電 話 0772-25-0015

メールにてお申し込みいただく場合は下記の事項をご記入ください。

  タイトル:田植え体験会の申込

  お名前:

  ご住所:

  お電話番号:(携帯が望ましい)

  人数:

  同行者のお名前と性別:

  (必要な方のみ):長靴のサイズ

  ファッションショーへの参加可否:
  ※HPやブログ、facebookなどに写真を掲載させていただきます。

  参加日:

また、ご不明な点がございましたら遠慮なくお問合せください。

その他:前泊、後泊を希望される方は、お申し込みの際にお伝えください。周辺のホテルをご案内いたします。
    天候などにより田植えが困難な場合は2日前までに中止の連絡をさせていただきます。

お酢のご購入を希望される方は、後日発送させていただきます。その場合、蔵の店でご購入いただくのと同じ1割引き価格、送料無料とさせていただきます。
当日は、棚田から蔵・店まで遠いこと、また、弊社社員も田植を行うため、蔵・店は休業とさせていただいております。ご理解いただきたくお願いいたします。

なお、皆様の田植えルックに対して、厳正なる審査の上、入賞者には富士酢製品他、賞品を用意いたします。ファッションショーの様子はfacebookページをご覧ください。

                五代目 彰浩  
Posted by iiokome at 11:49Comments(0)TrackBack(0)

2014年02月14日

年に一回、横浜高島屋の味百選に出店します

2月19日(水)から横浜高島屋「グルメのための味百選」に出店します。

サケといくらのちらし寿司


≪サケといくらのちらし寿司≫

TV「満天☆青空レストラン」で乾杯メニューとしてつくりました。

これは砂糖などの甘みを使わずに開発した「赤すし酢」を使っています。

016-036_HP


DSC_9019


≪赤すし酢360ml 1,260円≫

砂糖使ってないってことは酸っぱい?

と思われそうですが、そんなことはありません。旨みたっぷりの富士酢プレミアムと赤酢プレミアムをブレンドしているため、びっくりするほどまろやかです。手巻き寿司はもちろん、海鮮ちらしにもどうぞ。ご飯にほんのり色がつくため、混ざり具合がよくわかります。今回のイチオシですが、生産量が少ないため、売り切れる可能性があります。

また、今回はファイトケミカルプラスが初お目見え。

1-DSC_8965


803-001


≪ファイトケミカルプラス 20日分 3,150円≫

今回、試飲していただけるよう、電気ポットを用意してお待ちしております(こちらも数に限りがありますことご了承ください)。お湯を注いで30秒。どなたでも簡単にファイトケミカルスープをつくっていただけます。

もちろん、こちらのようにご自身でつくっていただいたらいいのですが、時間や手間をかけずに摂りたい方はぜひお試しください。紅芋酢、食べる富士酢とともに飯尾醸造が皆様の健康や美容をサポートします。

 会期 : 2014年2月19日(水)〜25日(火)
       (25日は18時閉店)

 場所 : 横浜高島屋8階 催し会場

お会いできます事を楽しみにしております。

     五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 13:06Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月25日

手巻き寿司ランチパーティー、いよいよ本番

原料米の無農薬栽培50周年記念イベントとして、社員旅行を兼ねた「手巻き寿司ランチパーティー」を開催しました。

この日は朝7時前の電車で宮津を出発しました。5時起きで東京まで4時間半。遠いのです・・・

1-RIMG0461


<<新幹線にて>>

新幹線では富士山を写真に撮ろうと大はしゃぎ。まるで修学旅行状態、みんな元気です。
そうでした。
富士酢社員には富士山は珍しいものなのでした。
宮津からは全く見えないですからね。

1-CIMG2789


1-CIMG2792


<<新幹線から見た富士山>>

よく晴れていて、こんな写真が撮れました。

1-RIMG0464-001


<<boji>>

会場をお借りしたのは赤坂のオーガニックレストラン、boji(ボジ)さんです。

普段は有機や無農薬の野菜を中心としたお料理とお酒、スイーツまで楽しめるお店ですが、1日限定で手巻き寿司パーティー会場に。

ブログの告知で集まっていただいた50名のお客様との交流、蔵人一同もお話できるかな、と緊張しつつ楽しみにしていました。

いつも通販で買ってくださっている方、催事に来てくださる方、田植えや稲刈りに来てくださっている方などいろいろな方がお越しくださいました。なんと遠くは神戸からも!ありがとうございます。

五代目・彰浩より乾杯の挨拶の後、パーティーのはじまりです。

まずは、bojiさんの野菜料理から。

1-RIMG0468-001


<<bojiさんのお料理>>

メニューはこんな感じでした。
きのこのバルサミコマリネ、boji特製ポテトサラダ、大豆ミートのエスカベッシュ、九条ネギとトマトのペンネ、キャロットラペ、秋野菜のカポナータ、グリーンサラダ、大豆ミートの唐揚げ、ベジタブル・チリコンカン、チャバタ

おいしい野菜たっぷりのお料理、楽しくお話しながらいただいて、あっという間にきれいになりました。

1-RIMG0469


<<四代目・毅>>

四代目より、ご挨拶。
三代目の代からはじまったお酢の原料米の無農薬栽培も今年で50年になりました。
農家さんや買い支えてくださる皆様のおかげです。

1-RIMG0471


<<蔵人の自己紹介>>

通販担当・石田、調合担当・三好、生産計画と販売担当・秋山より自己紹介。
幹事の今井の独断と偏見により、指名された3人でした。

RIMG0473


<<参加してくださった皆様>>

あたたかく見守ってくださっていました。ありがとうございます。

RIMG0479


<<手巻き寿司>>

そうこうしている間に本日のメイン、手巻き寿司の準備ができました。


RIMG0475


<<五代目・彰浩>>

ここで五代目より、本日の手巻き寿司の説明を。

お米はもちろんお酢の原料になる無農薬の「富士酢の米」。お寿司用なので、新米ではなく、あえて昨年のお米です。
それを、この日のために調合した「本気で作った江戸前すし酢」で酢飯にしていただきました。このすし酢には富士酢プレミアムと一部のお料理屋さんにしか販売していない赤酢を使っています。

海苔は九州、成清海苔店さんのもの。(「お気に入り食材図鑑vol.13 成清海苔店の秋芽一番摘み海苔」)
醤油は奈良、片上醤油さんの「濃口 天然醸造醤油」(「お気に入り食材図鑑vol.10 我が家で使っている醤油3種」)。

ネタは蔵の前の漁港で父が仕入れてきたアジとイカに、夫が築地で仕入れた生のメバチマグロ、生の本マグロのネギトロ、青森の天然もののヒラメです。

この日のためのスペシャルな食材達が並びました。

みなさんに「おいしい!」と大好評で、一安心。
ただ、反省が。もっとたくさんにしたら良かったですね・・・。
70人分の食材の調達は初めてで、物足りない量だったかもしれません。
最終的に海苔と酢飯とわさびと醤油になってしまいましたが、「海苔がおいしい!」というお声が多数聞かれました。そうでしょう、そうでしょう、お米もおいしいんですよ(笑)。

今回は、bojiのえりさんが五代目の友人ということで、お願いして手巻き寿司も出していただきました。
材料はほぼこちらで用意したというものの、普段はこんなことはしていただけません。
スタッフの皆様、いろいろとお手間をおかけしました。無理をきいてくださってありがとうございました。

お陰さまでいろいろな方とお話ができ、楽しいひと時となりました。
皆さんおひとりおひとりとお話したかったのですが、2時間はあっという間でした。
後でみんなに「どうだった?」と話を聞いたら、○○さんと○○さんと・・・とお話ができた、お客様の方が気を遣って話しかけてくださった、と。

あたたかい皆様に支えていただいていることを改めて感じた1日でした。
本当にありがとうございました。  
Posted by iiokome at 14:48Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月23日

11月23日(土)、東京・赤坂にて手巻き寿司ランチパーティーやります

11月23日(土)24日(日)は、飯尾醸造の社員旅行。この機会を利用して、蔵人一同、これまで富士酢を応援してくださった皆様に感謝の気持ちを込めたイベントを開催します。

成清海苔店の海苔10


成清海苔店の海苔8


成清海苔店の海苔11


≪手巻き寿司≫

これは私が自宅で手巻き寿司したときの写真。やっぱり楽しくて美味しい。会話もはずむ。

今回は米の無農薬栽培50周年を記念して、参加くださる50名様(25組)を募集いたします。土曜日のランチにみんなでワイワイと楽しく、美味いものをいただきましょう。

  ・・・・・手巻き寿司パーティーの概要・・・・・

日時 : 2013年11月23日(土)12:30〜14:30

場所 : オーガニックカフェ&レストラン boji(ボジ)
     〒107-0052 東京都港区赤坂4-3-15 FSK赤坂ビル
     tel. 03-6441-3303
     赤坂駅2番出口より徒歩4分/赤坂見附駅より徒歩6分

会費 : お一人様 2,000円(ワンドリンク付き)
      2杯目以降のドリンクは1杯500円をその都度、お支払ください

メニュー : 野菜を使った料理各種、江戸前鮨用の特製すし酢を使った手巻き寿司など
       ビュッフェ形式です

募集人数 : 50名様(25組)
        (応募者が定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。)

応募条件 : 株式会社飯尾醸造のお客様台帳に記載されている方
        そのご関係者様(ご家族やご友人など)

締切 : 2013年10月30日(水)

参加者への通知 : 2013年11月1日(金)
             参加者の方にのみ、通知いたします

申込方法 : メール fujisu◆iio-jozo.co.jp (◆=@)
        電話 0772-25-0015

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メールにてお申し込みいただく場合は下記の事項をご記入ください。

  タイトル:手巻き寿司パーティーの申込

  お名前と性別、年齢 : 

  ご住所 : 

  お電話番号 : (携帯が望ましい)

  お連れ様のお名前と性別、年齢 : 
      
  飯尾醸造へのメッセージをいただけますでしょうか。
  応募者多数の場合は抽選の参考にさせていただきます。
  (HPやブログ、facebookなどに掲載させていただく場合があります) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、お世話になるお店、boji(ボジ)は美味しくてくつろげる、私が大好きなお店です。ちなみにママは田植え・稲刈り体験会など、宮津に10回以上も来てくださっています。

いつも富士酢をご愛顧くださっている皆様と楽しい時間を共有できますこと、蔵人一同、楽しみにしております。

       五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 15:45Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月08日

稲刈りファッションショーセヤコレ2013、入賞者発表

先日のブログで報告しましたように、お陰様で今年の米づくりを終えることができました。ご協力いただいた皆様、応援いただいた皆様に心から感謝申し上げます。

さて、長らくお待たせいたしました。
それでは稲刈りファッションショー、通称セヤコレ2013の入賞者を発表いたします。

9月21日22日の2日間、延べ60名の方にご参加いただきました中から、「稲刈りをかっこよく、楽しそうにみせる装い」の皆さんをご紹介。今回も世界各国からファッション関係者が集い、アーヤコーヤ言いながら審査してくれました。今回の審査員はうるさかったー。

まずは特別賞のおソロで賞から。

2013稲刈りファッションショー


≪森脇千莉ちゃん、瑚奈ちゃん≫

東京から参加してくれたチャーミングな姉妹。

お揃いのボーダーワンピースはもちろんですが、長靴もワンピースから拾ったネイビー&ホワイト。もはや子供の域を超えています。末恐ろしい。いや、将来のイネカリーゼに期待大。

ピーコいわく、

「パリのエスプリを感じさせるフレンチボーダーを姉妹でお揃いにするなんて素敵じゃない。手に持った鎌までトリコロールってのは出来過ぎよ。おすぎと私じゃ、こんなに可愛くなんないわね。ちなみに、おすぎは弟、私が兄よ。これ見てる皆さんにははっきりと申し上げときます。」

このチャーミングな姉妹の評論をピーコが担当してるのはどうかと思いますが、辛口の彼女?にも好評でしたね。

次に、殿堂入りされている田仲さんの着こなし。

2013稲刈りファッションショー7


≪殿堂入り 田仲さん≫

赤いソフトハットにタータンチェックのボウタイ。さすが、殿堂入りした人のコーディネートは違いますね。しかも、ソフトハットはアウトドアブランド、ミレーのもの。ご本人いわく、落ち穂拾い。

2013稲刈りファッションショー9


≪落ち穂拾い ジャン= フランソワ・ミレー≫

マリテ+フランソワー・ジルボーのマリテとフランソワのカップルいわく、

「稲刈りファッションショーというテーマにもっともふさわしい着こなしね。私たちフランス人にとって大切な作品からインスパイアしてくれてうれしいわ。セ エクセラン(すばらしい)だよ。」

やっぱり殿堂入りは伊達じゃないですね。

  続きを読む
Posted by iiokome at 10:59Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月25日

稲刈り体験会&ファッションショーのご案内というより、お願いです

ようやく朝晩が涼しくなってきました。
猛暑続きと思ったら、西日本を中心に激しい雨に見舞われた地域もありました。日本列島が亜熱帯化していることを実感しています。

さて、今年も稲刈りが近づいてきました。

棚田1


稲穂


2010稲刈り体験会のご案内


稲刈り体験会3


≪稲刈りの様子≫

田植えはストイックに植えて植えて植えまくるのに対して、稲刈りは刈る、束ねる、運ぶ、干すと4つのステップを楽しむことができます。

  続きを読む
Posted by iiokome at 14:01Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月19日

田植えファッションショーセヤコレ2013、入賞者発表

大変長らくお待たせいたしました。

世界各国で活躍中のデザイナーのみなさんのスケジュールが合わず、なかなか審査会議を開けなかったことが理由です。ニューヨークのトム・ブラウンやアナ・ウィンター、ミラノのジョルジオ・アルマーニ、東京の桂〇美はともかく、ドン〇西がファッションチェックに忙しくて。

というわけで、発表いたします。

まずは、特別賞から。

2013田植えファッションショー


≪オソロで賞≫

大阪から来ていただいた3名のガラパンズ。
お揃いのパンツもさることながら、帽子の内側にしこんだ富士酢手ぬぐいのかぶりっぷりが絶妙のヌキ加減。

桂〇美さん曰く、

「このステテコのパターンを使ったウエディングドレスをつくろうかしら。私はグリーンのカーテンからドレスつくったこともあるのよ、ステテコからドレスってのもいいじゃない? 今度は私みたいにターバン巻いてほしいわね」

たしかに、参加者全員が楽しませてもらいました。こういうの、いいですよね。
次回も期待してしまいます。

続いては、富士酢Tシャツ部門。

  続きを読む
Posted by iiokome at 23:30Comments(2)TrackBack(0)

2013年05月15日

東京近郊にお住まいの方へ:代官山ヒルサイドサロンでワークショップをします

来月から毎月、代官山ヒルサイドサロンで行われるワークショップ、「日々、これ食卓」─畑からうまれるひと皿─。

東京の納豆といえば登喜和食品。の遊作社長ほか、醤油や鰹節、種などの方々とともに、酢のワークショップをすることになりました。ちなみに数年前、遊作社長から、「無農薬栽培の稲ワラをわけてほしい」と連絡があり、富士酢の米のワラが藁苞(わらづと)納豆になったこともありました。

それぞれの話にちなんだ料理を作られるのは、料理人の大黒谷寿恵さん。楽しみです。

代官山ワークショップ


≪講座内容≫

私自身は、こないだ料理研究家向けにお伝えした内容をもう少し簡単にして、と考えています。酢の話だけでなく、効果的・効率的な野菜の摂り方とか。

ご興味のある方はこちらからお申し込みいただけます。

     五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 10:07Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月27日

田植え体験会&ファッションショーのご案内 50年目の無農薬栽培をお手伝いいただけないでしょうか。

三代目だった祖父、輝之助が始めた原料米の無農薬栽培は、50年目を迎えます。

毎年、たくさんのお客様にお手伝いいただくお陰で、きれいな棚田の風景を維持できています。本当にありがとうございます。

田植え体験会の写真


田植え体験会の写真2


田植え体験会の写真3


田植え体験会の写真4


≪田植え体験会の様子≫

これまでは契約農家さんと一緒に作業していた苗作りも、今年からは独り立ち。来週末はビニールハウスを建てるところからスタートします。また、これまではコシヒカリだけを作っていましたが、今年から五百万石という酒米も作ることになりました。これまでは契約農家に栽培してもらっていた品種です。皆様に植えていただく苗ですから、伊藤と今井を中心にみんなで心をこめて、丁寧に作っていきます。

また、昨年の稲刈り体験会で好評いただいたファッションショーもやります。ご参加いただけますと幸いです。

  続きを読む
Posted by iiokome at 11:37Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月09日

本日9日(水)より14日(月・祝)まで、伊勢丹新宿店6階にて京都展に出店します

今年も伊勢丹新宿店で、「第20回記念 伝統とモダンの競演 京都展」が始まります。

私のおススメは、

  ・山田製油さんのごま油や練り胡麻

  ・湯葉弥さんの汲み上げ湯葉

  ・開化堂さんの銅の茶筒

運が良ければ、開化堂さんでは茶筒製造の実演もあります。私もひとつ持っていますが、すーっとフタが閉じていく様に心躍ります。使っていくうちに銅がええ感じに鈍く、すすけていくのも嬉しい。

ちなみに、今年は14日(月・祝)の最終日、16時閉店です。お間違いないようにお運びください。ピクルスの試食も持っていきます。お会いできます事を楽しみにしております。ご案内状もお持ちください。



    五代目 彰浩

  
Posted by iiokome at 09:25Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月28日

1月9日(水)〜伊勢丹新宿店6階で「伝統とモダンの競演 京都展」に出店します

飯尾醸造は12月29日(土)で仕事納め、1月7日(月)から営業を始めます。木村秋則さんの奇跡のりんごを使った「にごり林檎酢」や純米富士酢などの仕込みがスタートします。

そして、毎年恒例の伊勢丹新宿店での京都展は1月9日(水)〜14日(月)まで。
14日(月)は16時閉会です。

毎日、わたくし飯尾彰浩が売場に立っておりますので、ぜひお運びください。なお、伊勢丹の京都展は今回を最後にしようと考えています。年初であることや、林檎の仕込みができないことなどが理由です。

では、皆様にお会いできます事を楽しみにしております。

      五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 10:14Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月26日

東京近郊にお住まいの皆様にぜひ聴いていただきたい講演、「食卓の向こう側」のご案内

「食卓の向こう側」という言葉にピンときた方もいらっしゃるのでは?

食について、日本の新聞社でもっとも真摯に向き合い、連載されているのが西日本新聞の「食卓の向こう側」。少なくとも飯尾醸造ではそう考えています。

この連載では、昔と違って、どこの誰がどんな風に作った原料で、どんな場所でどのように作られているかがわかりにくい今、その向こう側が正確に冷静に書かれています。

特に小さいお子さんやアレルギーをお持ちの方、食のことをもっと知りたいという方にぜひ聴いていただきたい。

その編集者である佐藤弘さんが、1月23日の18:30から、東京・秋葉原で講演されます。私も昨日、申し込みました。

プロ勉


≪プロのための勉強会 概要≫

この講演は貝印が運営するKai Houseが主催されているプロのための勉強会のうちのひとつ。去年、私も話をさせていただいたのですが、元々は料理研究家や食のジャーナリスト、またそれらを目指す人向け、つまりプロ向けのもの。

ただ、佐藤弘さんの講演はどなたでも参加できるのです。こちらから会員登録をして、お申し込みください。

プロ勉2


≪食卓の向こう側≫

飯尾醸造では毎週金曜日、朝礼をしています。

共有事項の連絡などが終わった後、当番制で音読するのですが、その教材として、「食卓の向こう側」を使っていました。今は福岡伸一さんの「生命と食」を読んでいます。

すばらしい本ですので、講演に行けないという方はぜひ西日本新聞のページから購入ください。こちらです。シリーズ全体で97万部も売れているようです。

当日、講演を聴きに行かれる方はぜひお声掛けください。

         五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 11:14Comments(2)TrackBack(0)

2012年10月15日

稲刈りファッションショーセヤコレ2012、入賞者発表

長らくお待たせいたしました。

ついに稲刈りファッションショー、通称セヤコレの入賞者を発表いたします。

今回の審査基準は、

稲刈りをかっこよく、楽しそうにみせる装いであること

では、発表いたします。

セヤコレのMVPとも言えるイネカリスト(男性)は、

稲刈りファッションショー結果


≪イネカリスト Oさん≫

「稲刈りはスポーツだ!、ということで、アスリートファッションできめてみました」

という名言のとおり、スポーティな装い。黒っぽい中に、散りばめられた刺し色で楽しさを表現してくださいました。大雨が降っても、朝から晩まで全力で刈ってくれそうなほどの頼もしさ。今日からあなたはイネカリストです。

続いて、もうひとりのMVPであるイネカリーゼ(女性)は、

稲刈りファッションショー結果2


≪イネカリーゼ Aさん≫

「一見、やらなそうで、実はやる」

街中での装いのようにも見えつつも、稲の黄金色を拾った帽子やストール、スカートが棚田との一体感を感じさせてくれます。あぜ道が一瞬で銀座の並木通りのようになりました。イネカリーゼ、アーバンスタイル、素敵です。

では、部門賞へ。

まずは富士酢Tシャツ部門。

稲刈りファッションショー結果4


≪Tさん≫

「富士酢Tシャツにぴったりの浴衣帯」

富士酢Tシャツに富士酢手ぬぐい、農協からもらった帽子で上半身を固めつつも、浴衣帯で個性を演出してくださいました。視線やポージングも決まっていますね。

最後に一般部門。

稲刈りファッションショー結果3


≪Yさん≫

「いつもの農作業スタイルに、ちょっとだけ紅芋酢カラーを入れてみました」

フランス製の鎌と赤いスカーフや帽子、青い長靴のトリコロール。麻のベージュのワンピースに腰でしばった藁がベストマッチですね。

以上、入賞された4名の方には、11月初旬に賞品を発送いたします。もう少々お待ちください。

他にもたくさんの素敵なコーディネートに出会えました。ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

来年は田植え、稲刈りの両方で、セヤコレ2013を開催する予定です。今年の米作りもたくさんの皆様に支えていただきましたことに心から感謝。

          五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 17:26Comments(1)TrackBack(0)

2012年10月11日

お酢や母のつくる「万願寺の炊いたん」を試食できる唯一のイベント、って書くと大げさでしょうか。大学の恩師と二人でお酢イベントをします

10月26日(金)二子玉川にある玉川高島屋の屋上、玉川テラスでお酢のイベントをします。東京農業大学の小泉幸道教授と一緒に。玉川高島屋では、「まるごと東京農大」という物産展が行われるので、その会期中です。

玉川テラスイベント


≪イベントのページ≫

詳細はこちらをご覧いただきたいのですが、まずは小泉先生がお酢についての話を。その人柄からも、学生から人気の高い先生ですので、どんな話をされるのか、私自身も楽しみです。

続いて、お酢や母娘のお酢レシピから4品を少しずつ召し上がっていただきながら、私が料理への使い方について説明いたします。

4品のうち、2品は料理家の先生にレシピどおりにつくってもらうのですが、万願寺の炊いたんは母、さとみが作ったものをお持ちします。

万願寺の炊いたん


≪万願寺とうがらしの炊いたん≫

万願寺プレゼントに当選されたお客様にはいつもレシピを同梱しますので、作られた方も多いと思います。ほんのひと口ずつではありますが、オリジナルを召し上がっていただければ。ちなみに、こんな風に作ります。

実は10月24日(水)から7日間、日本橋高島屋で味百選に出店します。飯尾家4人で売場に立ちますが、26日(金)のみ、私は玉川高島屋でお待ちしております。

尚、24日(水)〜30日(火)の「まるごと東京農大」の売場では常時、飯尾醸造のお酢(食べる富士酢を除く)を販売いたします。農大の学生達が私の代わりに接客します。日本橋高島屋と合わせて、よろしくお願いいたします。

        五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 14:35Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月05日

稲刈りファッションショー(2012年秋 セヤコレ)

稲刈り体験会と合わせて、今年は初の試みとして。稲刈りファッションショーを開催します、とブログでご案内していました。
やると言ったものの、みなさん参加してくださるか、実はドキドキだったのですが、たくさんの方にご参加いただきました。農業を明るく楽しく、おしゃれに!イメージアップ大作戦。やってみたら単純に楽しかったなぁ。またやりたいね、と話しています。

それでは、ファッションショーの様子をご紹介します。

DSC_4174_01


<<ランウェイ>>

あぜ道ランウェイを稲を運びながらウォーキング。

DSC_4340_01


<<稲木>>

稲木を背景にポーズをしていただいたり。
記者会見場みたいでしょ?

DSC_4327_01


<<稲木>>

う〜ん、キマってますね。

DSC_4383_01


<<田んぼを見下ろして>>

足元もおしゃれなお二人。長靴に履き替えると見えなくなってしまったので、稲刈りを終えてから撮影しました。

参加者のみなさん、ひとりひとりの写真はfacebookページで見ていただけます。
ファッションのアピールポイントにも注目です。
facebook 稲刈りファッションショーページ

コラージュ


<<セヤコレコラージュ>>

気になるファッションショー入選者は!
実は悩み中です。あの方も、この方もおしゃれだったし・・・

また後日ブログで発表いたします。  
Posted by iiokome at 13:41Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月28日

順調?波乱の?稲刈り体験会

先週末の9月22日(土)は稲刈り体験会。
当日は晴れ時々曇り、山の上の棚田は涼しい風が吹き、稲刈り日和でした。

DSC_4067

<<稲刈前の棚田>>

今回も日本全国、いや、世界から稲刈りにお集まりいただいた皆様は、27名。
最も遠くからの参加者記録を更新か。アメリカはサンフランシスコからご参加の方もおられました。
タイご出身の方もいらっしゃって、にわかに国際的になった上世屋。蔵人も入れると普段の人口の倍くらいの人数になるのでは、というお酢屋父の解説を聞いて、複雑な気持ちになりながらも作業スタートです。

まずはじめに米作り担当・伊藤と今井から稲刈りを教わります。

DSC_4078


<<伊藤、今井、稲刈り先生>>

DSC_4083


<<今井先生、稲をしばる>>

稲刈りはこのような手順で進めます。

1.カマで稲の束をザクりと刈り取る。
2.刈り取った3束のかたまりをふたつ作ったらそれを藁でひとくくりにする。(写真)
3.藁でくくった束を稲木に干す。

こう書くととても簡単な作業のようなのですが、それぞれの作業にコツがあるのですね。

DSC_4148


<<稲刈り中>>

手前に見えるのは、イノシシ除けの電気柵。
もちろんこの時、電気は切ってありますが、ものものしい。
これでも侵入されてしまって一部稲が倒れているところもありました。

DSC_4146


<<稲刈り中>>

今回もベテランの参加者さん揃い。
さわさわと風にそよいでいた稲がみるみるうちに刈られて無くなっていきます。

DSC_4170


<<稲を運ぶ>>

刈った稲の束がまとまってきたら、田んぼの外に運びます。
これがなかなかの重さで、肩にずっしりとくるのです。
6月の田植えの時には片手でつまめた稲がこんなにも成長したのだな、と感慨深い気持ちになりました。

DSC_4207


<<稲木に稲を干す>>

くくられた稲の束は、稲木のところまで運ばれて、干されます。
こうして天日干しされるお米は非常に貴重です。
普通は機械にかけて乾燥します。稲を干すこの稲木を用意するのも重労働ですし、場所を確保するのも大変ですから。

上世屋ではあちこちでこの稲木を見ることができます。
稲がいっぱいに干されている様子は美しいものですね。

DSC_4253


<<稲リレー>>

天日干しはこのように、稲をリレーで運んで。

DSC_4212


<<稲パス>>

最後の人が稲木の上に居る人に稲をパス。
稲の束は重さもあり、高いところまで飛ばすのはなかなか難しいものです。
よし「行け!」という気持ちでジャンプで届けます。
これは女性の場合。

DSC_4247


<<稲パス>>

でも彼は違いました。片手でひょいっと。
腕の長さの違いなんでしょうか。
同じことをしているのにものすごく簡単そうです。彼のだけ軽いのか?と思ってしまうくらいに。
さすが、from San Francisco。

上に居る人と下から投げる人のコンビネーションも大切です。
ご夫婦のペアだとやっぱり息が合ってましたね。

このようにして稲刈りも無事終わりました。
今回もベテラン参加者の方が多く、伊藤・今井が思っていたよりも作業がはやく進んだため、日曜日の参加者の方のためにとっておこう、と余力を残して早々に稲刈りを終了することに。

しかし、その夜中に大雨が降り、次の日の稲刈りは中止になってしまいました。
田んぼも稲も濡れてしまったので、日中雨が降らなくても稲は刈れなくなってしまったのです。
稲刈りを楽しみに宮津まで向かってくださっていた参加者の皆様には大変申し訳ありませんでした。

天気予報の確認はこまめにしなくてはいけないということと、今日できる仕事を明日に残さない、ということは今回の教訓でした。

残った分は今週末までになんとか蔵人で刈り終えられるようにがんばります。
台風が近づいているようで、その動きも注視しなくてはいけませんが。

DSC_4202


<<ペンション自給自足のお弁当>>

さて、最後におまけ。
こちらが稲刈りの本命の方もいらっしゃるかもしれませんね。
おなじみペンション自給自足のお弁当です。
今回もおいしかった。

DSC_4074


<<オープンカー>>

そして、稲木のあるところから田んぼまで、美女たちの送迎に活躍したのがこちらのオープンカー。

DSC_4076


<<ナンバー>>

ちゃんとナンバーだってついているんです。(ある方からの粋なプレゼントだそう)
あ、「イイオ」だ。
伊藤からは「イトー」です、と。
イイオとイトー、マルチに対応しております。

今回のメインイベント、稲刈りファッションショーの様子はまた別の記事で!
お楽しみに。

稲刈り体験会にご参加くださった皆様、ご応募くださった皆様、田植え体験会で稲を植えてくださった皆様、本当にありがとうございました。  
Posted by iiokome at 17:02Comments(0)TrackBack(1)

2012年09月12日

稲刈り体験会と同時開催、稲刈りファッションショーの詳細を発表します

いよいよ来週に迫ってきた稲刈り体験会、そして、同時開催される稲刈りファッションショー。すでに日夜のハードトレーニングとウォーキングレッスンに励んでらっしゃる皆様、当日の審査方法をお伝えいたします。

本イベントの目的は、日本の農業に明るい未来と楽しさを感じていただくこと。

特に、稲刈り体験会に参加できない方にも、収穫の喜びを共有していただきたいと思い、企画しました。思いつきの企画ですが、好評なら来年の田植え以降も継続したいと考えています。

ちなみに、数年前の私のファーマーズルックがこちら。

稲刈りファッションショーのご案内


≪コーディネート例≫

紺と白の2色に抑えつつ、自前のロングブーツの赤を利かせたスタイル。鎌の柄や稲穂とパンツの色を合わせるなど、棚田の脇役に徹した装いが素敵ですねぇ、なんて。

さて、詳細はこちらです。

機セ臆短餝覆砲弔い

   ・9月22日(土)23日(日)の稲刈り参加者全員

   ・全身の写真を撮られ、HPやブログ、facebookに掲載されることに同意いただける方

供タ該佐霆爐砲弔い

   ・稲刈りをかっこよく、楽しそうにみせる装いであること

   ※長靴をご自身の靴に履き替えての撮影もOK 

掘タ該妻法について

   ・一般の部と富士酢Tシャツの部の2部で審査

   ・稲刈りの合間に、参加される方お一人ずつ、写真を撮らせていただきます。

   ・後日、飯尾家の独断と偏見をもって各賞を決定し、ブログとfacebookで発表します

掘ゾ泙砲弔い

   ・大賞 男女各1名ずつ
        男性にはイネカリスト、女性にはイネカリーゼの称号を授与します、いらん?
        賞品 富士酢の米 天日干し3kg+非売品の赤酢500ml

   ・一般の部または富士酢Tシャツの部 優勝者 各1名
        賞品 非売品の梅酢シロップ500ml×2本

   ・その他の賞については考え中

検イ修梁召砲弔い

   ・2日間、稲刈りにご参加いただける方は2回、参加できます

帽子や軍手、手ぬぐいなどの小物も含めて、上手にコーディネートいただければ。なにはともあれ、参加くださる方、また参加いただけない方にとっても楽しいイベントにしたいと思います。

         五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 13:29Comments(1)TrackBack(0)

2012年08月30日

日程変更のお詫びとお願い 稲刈り体験会2012

9月29日(土)30日(日)の稲刈り体験会ですが、稲の登熟が予想以上に早いことから日程を変更させていただきたく、再度、ご案内いたします。

すでに参加の申し込みをいただきました皆様、参加してやろうとスケジュールを調整いただいている皆様、本当に申し訳ありません。なにぶん、農産物はお天気様次第ということをご理解いただけますと幸いです。

9月22日(土)23日(日)の2日間に前倒しいたします

日程以外の詳細は以前ご案内いたしましたこのブログのとおりです。

あっ、日程変更なら参加できるよ

という方がいらっしゃること、この日が天候に恵まれることを蔵人一同、願っております。ご迷惑をお掛けする皆様、本当に申し訳ありませんが、ご理解いただけますようお願いいたします。

昨夜、柵を越えて猪に入られました、と伊藤から報告を受けました。収穫が終わるまでの1ヶ月、頼むからおとなしくしてて。

           五代目 彰浩  
Posted by iiokome at 10:43Comments(1)TrackBack(0)

2012年08月21日

今回もお手伝いいただけますか、稲刈り体験会2012。そして、稲刈りファッションショーも同時開催します

毎年のことですが、暑さが和らぎません。

今年は梅雨の時期が短かったこともあり、水不足に悩まされています。棚田は伊藤に任せているのですが、万願寺とうがらしの畑はひどい水不足。まさにカラッカラ状態。そのため、酒蔵から畑まで20分かけて、井戸水を3トンも運んでいます。

さて、そんな天候の中ですが、稲刈りの日程を決めました。出穂から40日程度が目安とされるため、9月22日(土)23日(日)に開催いたします。

稲刈り体験会2011


2011稲刈り体験会5


IMG_1434


≪稲刈り体験会の様子≫

このように、刈って縛って運んで天日に干します。

体験会の詳細は下記をご覧ください。  続きを読む
Posted by iiokome at 16:15Comments(1)TrackBack(0)