2016年09月29日

3年振りに『富士酢の米』を販売します

お陰様で無事に稲刈りを終えることができました。

今年は全国的に台風の被害も多く、また9月は雨が多かったことから、稲刈り体験会も中止した日がありました。それでも9月24日には秋晴れの下、40名以上の参加者のみなさんにお手伝いいただきました。本当にありがとうございました。

そんな風にして手に入れた『富士酢の米』を3年振りに販売させていただきます。ただし、数が限られていることから飯尾醸造公式通販サイトの会員様限定(会員登録をしていただき、ご注文いただいているお客様)で。

富士酢の米


富士酢の米2


≪富士酢の米≫

『富士酢の米』は、「いつも食べてるご飯と全然ちがう」とお褒めいただくことが多いのですが、その理由に、

  1.標高400m以上の棚田は、真夏の昼夜の温度差が大きい

  2.生活排水や農薬に汚染されていないため、水も空気もきれい

  3.種モミから丁寧に育てた丈夫な苗だけを使う

などが挙げられます。

2011稲刈り体験会12


≪棚田≫

その反面、平地で農薬を使う場合に比べ、様々な苦労があり、何倍もの時間や労力がかかります。収穫量も半分近いのが悩み。

購入をお考えの会員様は下記をクリックしてください。
  続きを読む

Posted by iiokome at 11:57Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月18日

夏の限定商品リターンズ! 『ガリ酢』&『すし酢でらっきょう』

何年か前に受注生産品として販売したことがあったのですが、いまでも「大きいサイズのあります?」とお問い合わせいただくことがあります。

そんなアツいリクエストにお応えして、数量限定で販売いたします。

まずは、手軽に美味しいらっきょうを漬けられる『すし酢でらっきょう』。

らっきょう漬け


すし酢でらっきょう3:4


すし酢でらっきょう 900ml 1,339円≫

限定100本(お一人様5本まで)。らっきょう漬けるのは一年に一度だけ。しかも大量に作る方にはお得な大容量をご用意しました。

レシピはこちら、びっくりするほど簡単、しかも甘すぎず美味しいです。

ビビッドならっきょう漬けたい方はこちらのように紅芋酢で。


続いては、新生姜の甘酢漬け。つまりガリ専用のお酢です。

がり_1


003-036_ガリ酢3:4


ガリ酢 360ml 648円≫

繊維の軟らかい新生姜、このタイミングで作っておくと重宝します。

お寿司のツマ以外にも千切りして和え物なんかに使っていただくと夏にうれしい料理が簡単に。レシピはこちら

ちなみにラベルはわたくしめがデザインしました。ハンドメイドですので、2枚と同じものはありません。

夏の準備、そろそろ始めてくださいね。

ご注文は下記をクリックください。

   すし酢でらっきょう

   ガリ酢

      五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:54Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月19日

ぜひ召し上がっていただきたい新製品『しゃぶしゃぶに夢中』は今のところ200本限定です

毎年、田植え&稲刈りファッションショーの入賞者には非売品のお酢をプレゼントしています。
 
    2013  赤すし酢(現、手巻きすし酢)
    2014  ごまぽん
    2015  しゃぶしゃぶに夢中

今回、試作した『しゃぶしゃぶに夢中』の評判がすこぶるよかったことからさらに改良を加え、1月27日より200本限定販売することになりました(おひとり様2本までとさせていただきます)。年末には飯尾醸造のしゃぶしゃぶ忘年会でも登場したのですが、その様子はこちらをご覧ください。

018-036_しゃぶしゃぶに夢中_HP


しゃぶしゃぶに夢中 360ml 1,296円

この商品は石臼挽き粉山椒 5g(やまつ辻田謹製)とのセット販売です。

以前、こちらの五代目のお気に入り食材図鑑でも紹介しましたこの山椒は、私の必需品。出張や旅行の際、常に持ち歩いています。餃子に焼き鳥、ウナギ、親子丼、ステーキなど何でも美味しくしてくれる魔法の粉。今回、やまつ辻田さんから貴重な山椒を特別にお分けいただけることになりました。

2015忘年会10


しゃぶしゃぶ


≪豚しゃぶへの使用例≫

外食もいいのですが、しゃぶしゃぶ食べるならお肉を買って、自宅でつくる方が確実に美味しい。なぜなら、タレが決めてだから。ちなみに、豚はアーク牧場のものがおススメです。

なにぶん限定商品ですので、お一人様2本までとさせてください。ご理解いただけますようお願いいたします。

       五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 15:53Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月09日

ミスすのもの酢を紹介します

横浜高島屋の味百選、その他の仕事で横浜に2週間滞在しました。長期間の出張をなんとかこなしているうちに酒蔵の仕込みも玄米黒酢用の酒、紅芋酢用の酒を残してほぼ終わり。杜氏や蔵人たちも怪我なく事故なく仕事をこなしてくれています。

毎年、何日かは酒蔵で蔵人仕事をするのですが、今年はまったくすることなく冬が終わってしまいました。1月から酒蔵にいる米作り担当の伊藤はまもなく田んぼへと職場を移します。

さて、普段は華やかさに欠ける飯尾醸造の社風とは馴染みのないミスすのもの酢を紹介します。

ミスすのもの酢


≪ミスすのもの酢≫

金髪のショートヘアに女性らしいなで肩、ふくよかなお尻。なんともグラマラス。

普通のすのもの酢と比べるとこのとおり。

ミスすのもの酢2


≪すのもの酢の比較≫

ミス受賞者の色気、艶っぽさが目を引きます。すのもの酢に比べて丈の短いスカートがなんともセクシー。ヒザ上15cmってところでしょうか。

とふざけるのはここまで。

実は、スタッフが瓶詰めラインの高さ設定のミスに気づかないまま製造を進めてしまったため、このようにラベル位置が5mm上にずれた製品ができあがってしまいました。中身は通常のすのもの酢であること、このラベルは貼りなおしができないことから、「通常の製品と同様に販売させていただく」ことを決めました(ギフト用は通常の製品を使用します)。

デパートやスーパー他、たくさんの小売店にも並びます。お叱りをいただくかもしれませんが、できるかぎり事情をご理解してくださる皆様にお使いいただけましたら幸いです。すのもの酢のやわらかい出汁の美味しさをご存知の方はもちろん、まだ使ったことがない方にもぜひこの機会に「ミスすのもの酢」をお試しいただけませんでしょうか。今後はこのようなミスのない体勢で皆様に安心してお使いいただける酢を造り続けてまいります。どうか「ミスすのもの酢」をよろしくお願いいたします。現在、出荷中のロットがなくなり次第、彼女が伺います。

※ミスすのもの酢のタスキや王冠は写真撮影後、ミスすのもの酢選考委員会へ返却しました。そのため、みなさまのお手元には届きませんことをご理解いただけますと幸いです。

      五代目 彰浩


  
Posted by iiokome at 09:28Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月16日

クリスティアーノの悶絶オイルが戻ってきた

高尾農園のルッカ種100%ヴァージンオイル、限定数量70本は瞬く間に売切れてしまいました。せっかくご注文いただいたのにお届けできなかった皆様には申し訳ありませんでした。

でも、ご安心を。高尾さんの友人でもあるクリスティアーノのオイルが再入荷しました。

柿と春菊のサラダ


≪柿と春菊のサラダ≫

以前、つくって好評だった料理がこれ。今が旬の柿と春菊。特に春菊の青っぽい香りとオイルの相性はバツグン。粗挽きの黒胡椒を多めに振って、白ワインとどうぞ。お酢はにごり林檎酢か無花果酢かな。上等のオイルは加熱せずに使ってください。

他にもこんな風に。

クリスティアーノのオイル7


クリスティアーノのオイル8


≪オイルを使った料理≫

クリスティアーノのオイルを使えば家庭料理が一流レストランの味に変身。これ使ってびっくりされた方、多し。

寒さが身にしみる季節だからこそ、ご自宅で美味しい食事を楽しんでください。こちらからご購入いただけます。

         五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:31Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月28日

今年も限定70本、高尾農園のアボカドとアスパラの香りあふれるヴァージンオイル

小豆島にある高尾農園に行ったのは2年前。プロのオイルブレンダーであるクリスティアーノをアテンドしたのです。彼にとっても高尾さんのオイルの美味しさは衝撃だったようです。そして、その秘密の一端が極端に非効率的な手摘みだったと知ったのは、私自身が収穫の手伝いをさせていただいたからこそ。

高尾農園のオリーブオイル4


高尾農園のオリーブオイル3


高尾さんのオイル


≪高尾農園のオイル 64g 1,944円≫

むっちゃくちゃ高価なオイルです。

ただ、高尾農園で高尾さんと一緒に作業したことのある人なら、「こんなに安くて大丈夫かなぁ」と心配になってしまうはず。オイルやお酢に限らず、製品の裏側を知ると量産品との価格や品質の違いに納得できます。

では、どんな風に使うと美味しいのか、私の経験から。

10か月熟成インカのめざめ


≪ポテト≫

ジャガイモを揚げるかオーブン(低温)でじっくり加熱したものに塩とこのオイルのみ。コショウも入りません。でも、ビールは欲しいところ。念のためお伝えしますが、危険な食べものです。確実に食べ過ぎます。ちょっとしか作ってなければ必ず家族や兄弟が喧嘩します。

柿と春菊のサラダ


≪柿と春菊のサラダ≫

意外かもしれませんが、むっちゃくちゃ美味しいんです。祖母のつくった春菊を摘んできて、さっと洗ったら柿と合わせて塩と粗挽きの黒胡椒、酢とオイルのみ。これは白ワインに。

外食に1回行ったつもりで美味しい調味料を揃える。これ、おススメします。

※厚かましいお願いで恐縮ですが、高尾農園のオリーブオイルだけの注文はご容赦ください。お酢と一緒にお求めいただけますとありがたいです。

       五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 09:31Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月01日

大きくなって登場!限定商品販売のお知らせ

暑いですね。
先週末の宮津市は観測史上最高の37.8度を記録しました!
最高気温を聞くと余計に暑くなりますよね。もう、とろけそうでした。
皆様のところは大丈夫でしょうか。

暑い、暑い、あつい〜
こんな時はさっぱりしたものがいただきたいですよね。

そんな皆様のために、限定商品販売のお知らせです。
ピクル酢、富士すし酢、富士すのもの酢を900mlのビックサイズで販売いたします!
もちろん大きい分お得になっております。

この度、20年近く使っていた瓶詰ラインを新しくしました。
その切り替え時に機械詰めできずに残った分を手詰めして大きな瓶での販売とさせていただきます。
先日、原材料の変更をブログでもお伝えしましたが、こちらの大きいサイズは旧原材料の製品となります。
そのため、公式通信販売ページのみでの販売で、限定数無くなり次第終了とさせていただきます。

014-090_HP

<<ピクル酢 900ml 1,340円(税込)>>

003-090_HP

<<富士すし酢 900ml 1,240円(税込)>>

004-090_HP

<<富士すのもの酢 900ml 1,200円(税込)>>

賞味期限は全て2015年7月17日で、それぞれおひとり2本までの販売とさせていただきます。
ラベルは360mlものを貼っており、手書きで900mlと修正しております。ご容赦ください。

これから夏本番。さっぱりしたお酢料理で乗り切りましょう。
あわせて「万願寺とうがらしプレゼント」のご応募もお待ちしております。  
Posted by iiokome at 13:28Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月24日

伊勢丹新宿店にて2日間限定で新製品「ガリ酢」を販売します

先日、こちらで紹介しましたとおり、5月28日(水)から6日間、伊勢丹新宿店の「チアアップ! ニッポン 日本の食と暮らし展」で手巻き寿司パーティーを開催します。

  酢飯と海苔が美味しければ具はいらない

をテーマに、シンプルな手巻き寿司を楽しんでいただけたらと考えております。28日29日両日の13時からのイベントには私自身、皆様をおもてなしします。美味しい酢飯のつくり方などもお伝えしたいと考えております。その際に召し上がっていただく新生姜の甘酢漬け、ガリを作りました。

ガリ酢


≪ガリ≫

なかなか美味しくできました。つくり方は簡単。

ガリ酢2


≪新生姜≫

まずは新生姜を用意ください。

ガリ酢3


≪スライス≫

スライサーで薄く切ります。繊維と垂直に下ろすのがベスト。その後、辛みをとるため、水にさらしておきます。何度か水を替えてやるとそれほど時間をかけなくても大丈夫です。

ガリ酢4


≪茹でて水気を切る≫

熱湯で5分ほど茹でます。この時間は辛さの好みによって調整してください。1分ほどだとけっこう辛さが残ります。ザルに上げたらあら熱がとれるまで放置。ある程度冷めたら水気を絞ります。

ガリ酢5


ガリ酢6


≪ガリ酢に漬ける≫

新生姜の赤い部分と一緒に茹でた生姜をジップロックに入れます。あとは限定の「ガリ酢」を生姜の重さの1/2量注いで冷蔵庫で一晩置けばできあがり。お酢に塩や砂糖などを入れる必要がないので簡単に美味しく作ることができます。

あらビックリ!な「ガリ酢」を欲しい方は5月28日(水)29日(木)の手巻きすしイベントにご参加ください。

ガリ酢7


≪ガリ酢 360ml 604円≫

ラベルデザイン by Akihiro Iio

なんと富士すし酢と同じ値段で販売します。

飯尾醸造にとっても画期的な製品です。

赤すし酢富士酢プレミアム紅芋酢なども持っていきます。

6日間のイベント期間中は毎日、12時受付、13時より手巻き寿司イベントが開催されます。さっくりトロンの超絶海苔の成清さん、40年振りに自社蔵での醤油造りを復活させたミツル醤油の城くんも伊勢丹に来られます。

  28日(水) 飯尾醸造 飯尾
  29日(木) 飯尾醸造 飯尾
  30日(金) ミツル醤油 城くん
  31日(土) ミツル醤油 城くん、成清海苔店 成清さん
  6月1日(日) ミツル醤油 城くん

それぞれの素材の美味しい使い方など、聞きたいこともお持ちいただけたらうれしいです。みなさまと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。この物産展、過去にないくらい魅力的。

ガリ酢8


≪チアアップ展ちらし≫

私自身、むっちゃくちゃ楽しみ。しかもイタリア展やフランス展と比べ物にならないくらい人が少ないので、並ぶこともほとんどないはず。立ち飲みできるバルなんかもあります。クラフトビールや国産ワインの生産者がおつまみと一緒に出店されるようです。私もお酒飲みながら、ゆるい感じで手巻き寿司します。

詳細はこちらをご覧ください。

     五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 08:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月10日

この冬の限定販売4品。赤すし酢、海苔、オリーブオイル、ゆずなま酢

12月の声をきくと、あっという間。毎週忘年会でお忙しくされている方もおられるでしょうね。
ここにきて続々登場、冬の限定販売のご案内です。
いずれも無くなり次第販売終了となります。
年末のパーティーや家族団らんに。この時期しかない食材たちもお仲間に入れていただけるとうれしいです。

富士赤すし酢

五代目・彰浩が本気で作りました。江戸前鮨がお家で作れる「赤すし酢」です。
赤すし酢の赤は「赤酢プレミアム」の色。純米富士酢のもろみを造った後の酒粕を寝かせて作る赤酢をさらに旨味を増し「赤酢プレミアム」にしました。
一部のお鮨屋さんにしか販売していない商品でしたが、一般のお客様向けにも初めてお目見えいたします。
原料はこの他に、「富士酢プレミアム」と「赤穂の塩」のみ。お酢自体が旨味たっぷりなので、ツンとせずお砂糖が無くてもおいしいすし飯に仕上がります。

003-036a_HP


<<富士赤すし酢 360ml 1,260円(限定300本)>>
こちらは飯尾醸造の公式通信販売ページのみで限定販売いたします。社内制作の仮ラベルのため、贈答用には不向きです。
  ※公式通信販売ページで予約注文受付中。商品の発送は、16日(月)以降となります。

販売の経緯については、五代目・彰浩より。こちらのブログもご覧ください。
手巻きすしパーティーにご参加くださった皆様からご好評につき、「富士赤すし酢」(300本限定)と「成清さんの海苔」を販売いたします

  続きを読む
Posted by iiokome at 17:08Comments(0)TrackBack(0)

手巻きすしパーティーにご参加くださった皆様からご好評につき、「富士赤すし酢」(300本限定)と「成清さんの海苔」を販売いたします

このブログでも紹介しましたとおり、11月末に東京で手巻き寿司ランチパーティーを開催しました。遠くは神戸からもご参加いただきました。皆様、貴重なお休みに時間をとっていただき、本当にありがとうございました。社員旅行を兼ねたパーティーでしたので、蔵人一同、楽しい時間を過ごさせていただきました。

RIMG0479


成清海苔店の海苔10


≪手巻き寿司パーティー≫

さて、あの手巻き寿司用に配合したすし酢、びっくりするほど嬉しいお声をいただきました。

 「人生史上もっとも美味しい手巻き寿司でした」

 「すし飯の美味しさにも仰天しました」

 「こんな美味しい海苔、初めて」

 「具なしでもいける手巻き寿司って、すごい」

おだてていただき、気持ちよくなったわたくし、パーティーの最後にこんなことを約束してしまいました。

 12月中にこのすし酢と成清さんの海苔を販売します。
ぜひご家族で手巻き寿司パーティーしてください。


と突然言われた蔵人たちにとっては大変ですが。でも、ぜひ年末年始、皆さんで楽しい時間を過ごしていただくべく、準備してきました。

016-036_HP


≪赤すし酢 360ml 1,260円≫

お寿司の美味しさって、ネタだけじゃなくて酢飯だったのね。

と言っていただけることを願って。

           五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 16:27Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月29日

大きいサイズの「ピクル酢」と「らっきょう専用酢」とを夏季限定で販売スマッシュ

夏が近づくと、いろんなお声をいただきます。

らっきょう漬けたいんですが、らっきょう用の酢ってあります?

ピクル酢って、もっと大きいサイズはありませんか?

などなど。

そんなお声に応える形で、らっきょう用に開発したのがこちら。

すし酢でらっきょう


らっきょう漬け


≪すし酢でらっきょう≫

900ml 税込1,200円。

この斬新なラベルからお分かりのように、富士すし酢360mlを大きくしただけです。これでらっきょう作るとすごく美味しいので。けっして手抜きではありません。賞味期限は360mlと同じく1年です。

続いては、昨年7月に限定販売しましたピクル酢の大きいサイズ。今年は名前を変えて、再登場。

 ピクル酢=360ml

では、ピクル酢の大きいサイズは?

    BIGなピクル酢
       ↓
    BIGピクル酢
       ↓
    ビッグピクル酢
       ↓

ピクル酢900ml


野菜のピクルス


≪ビッグピクル酢≫

ってことは・・・

ビッグル酢


≪ビっグル酢≫

900ml 税込1,300円。

去年、買いそびれたわ、という方にはぜひ。クリスティアーノのオリーブオイルや他の酢と一緒にお届けができます。ただ、期間限定商品ですので、ご注文については下記を参照ください。

ご注文方法 : 電話(0120-64-0015) または 飯尾醸造 公式通信販売
          クリスティアーノのオイルも同じく、限定販売しております

予約期間 : 2013年6月6日(木) 17時まで

お届け日 : 2013年6月14日(金)以降、6月末日ごろ

賞味期限 : 1年(開栓後は要冷蔵で保存の上、半年以内にお使いください)

その他 : ラベルは富士すし酢360ml、ピクル酢360mlのものを利用するため、贈答などには不向きです

この夏は酸味をきかせた料理をモリモリ食べて、暑さを乗り切ってください。

        五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 13:49Comments(1)TrackBack(0)

2012年11月13日

冬だけ、「富士ゆずなま酢」を限定発売いたします。お節にどうぞ

寒くなってきました。今日の宮津は最高気温が11度だとか。

冬はあまり好きではないのですが、大根や蕪などの根菜が美味しくなるのは大歓迎。特に祖母の畑でとれる大根、蕪は甘みと瑞々しさが増して、最高です。隣りの畝の春菊と共に毎年の楽しみ。

さて、この季節だけの限定商品を発売いたします。

ゆずなま酢


≪富士ゆずなま酢 150ml 388円≫

ゆずなま酢2


≪紅白なます≫

自宅でおせち料理を作る家庭は減っているようですが、「一部だけでも自分で作りたい」とがんばっている方が多いようです。

自分でつくるお節料理トップ3は(日経BPネット)

  1位 煮もの
  2位 黒豆
  3位 紅白なます

だそうです。

今回、「おせちの文化を守る」ために、富士ゆずなま酢を造りました。日本人が大事にしたい食文化ですから。

塩で下ごしらえした大根と人参に和えるだけ。ゆず果汁が入っているから、手軽に作っていただけます。喜界島の粗糖(きび糖)を使っているので、コクのある甘みがあります。「私にはちょっと甘すぎるわ」と思われる方は、ちょっとだけ純米富士酢か富士酢プレミアムを足してください。

お正月が終わっても、オイルや醤油を足して、いろいろアレンジして使っていただけます。

       五代目 彰浩
  
Posted by iiokome at 09:39Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月27日

3年振りの「富士酢の米」、販売のご案内

一昨年、昨年とお酢造りで全てを使ってしまったため、ご案内できておりませんでした、「富士酢の米」。

「富士酢の米」とは、私たち蔵人と契約農家が京都・丹後の棚田で農薬を一切使わずに作ったコシヒカリ。去年も新潟魚沼コシヒカリと同じ、「特A」の評価をいただいた、美味しいお米です。

富士酢の米2


富士酢の米


≪富士酢の米≫

たくさんの方に支えていただいたお陰で実る、貴重なお米は「いつも食べてるご飯と全然ちがうとお褒めいただくことが多いですが、その理由に、

  1.標高400m以上の棚田は、真夏の昼夜の温度差が大きい

  2.生活排水や農薬に汚染されていないため、水も空気もきれい

  3.種モミからしっかり育てた丈夫な苗だけを使う

などが挙げられます。

その反面、平地で農薬を使う場合に比べ、様々な苦労があり、何倍もの時間や労力がかかります。


飯尾醸造の顧客台帳に記載されているお客様にのみ、先行販売させていただきますこと、ご理解ください。


1.富士酢の米(3kg)
           1袋 3,000円(税込・送料別途500円)

2.6ヶ月定期コース(10月スタートと11月スタートどちらかお選びください)
           3kg×6袋 19,800円(税・送料300円×6回分込)

              
 「富士酢の米」は、A.玄米 B.七分搗き C.白米(九分搗き)からお選びいただけます。

 注1)送料は一箇所につき1〜3袋で500円、4袋以上は無料
 注2)出荷場所が異なるため、お酢との混載は出来かねますのでご了承ください


≪お届け日及び時間≫

 6ヶ月定期コースの場合は、毎月月末頃にお届けいたします。初回は、10月下旬から11月上旬にお届けの予定です。
 お届け時間帯は注文時にご指定ください。(ヤマト便で発送いたします)

≪お申し込み方法≫

電話の場合(0120-64-0015または0772-25-0015)
メールの場合、こちら(web◆iio-jozo.co.jp ◆=@)宛に
必ず件名に「申し込み:富士酢の米」と記載いただくと共に、下記の項目をお知らせください。
その他、ご不明な点などございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

≪お申し込み締め切り≫

単品販売:12月21日(金)午後5時 ※2012年分、終了しました。
6ヶ月定期コース:10月9日(火)午後5時 ※2012年分、終了しました。
  どちらも限定数がなくなり次第、終了とさせていただきます。

≪メールのお申し込み例≫

(件名)「申し込み:富士酢の米」
お名前 :
ご住所 :
お電話番号 :
ご希望の商品記号×数量 : 以下からお選びください

1-A:富士酢の米(3kg)玄米      ×ご注文袋数
1-B:富士酢の米(3kg)七分搗き    ×ご注文袋数
1-C:富士酢の米(3kg)白米(九分搗き)×ご注文袋数

2-A:6か月定期コース10月開始(3kg)玄米      ×ご注文袋数
2-B:6か月定期コース10月開始(3kg)七分搗き    ×ご注文袋数
2-C:6か月定期コース10月開始(3kg)白米(九分搗き)×ご注文袋数

3-A:6か月定期コース11月開始(3kg)玄米      ×ご注文袋数
3-B:6か月定期コース11月開始(3kg)七分搗き    ×ご注文袋数
3-C:6か月定期コース11月開始(3kg)白米(九分搗き)×ご注文袋数

 注3)複数ご注文可能ですが、多数の場合は他のお客様にもおゆずりいただきたく、ご注文数量の調整をお願いする場合がございます。どうかご理解ください。

お届け希望時間 :
 
 注4)出荷作業の関係上、時間指定のみ受け賜ります

お支払い方法 :(クレジットカード or コンビニ郵便振込)のどちらかをご指定ください。

 注5)クレジットカードをご利用の方はお手数ですが、有効期限及び番号を電話にてご連絡ください

尚、田植え体験会または稲刈り体験会にご参加くださった皆様には、別途ご案内しましたとおり、2袋まで特別価格にて販売させていただきます。

        五代目 彰浩  
Posted by iiokome at 09:00Comments(1)TrackBack(0)

2012年07月18日

リクエストにお応えして今回のみ、ピクル酢900mlを予約販売します

  ピクル酢、すぐになくなってしまうので、大きいサイズはないですか?

昨年からちょくちょく、こんなお声をいただいておりました。また、6月に東京で開催したピクルスCafe & Barでも、あるお客様から熱烈なリクエストをいただきました。

 本音では、できるだけ開栓後は早めに使ってもらいたいことや、ドライトマトで出汁をひいているからオリが溜まることから、大きいサイズを作ることには消極的だったのです。

でも、一回試しに皆さんに使っていただこうと思います。ただし、今回限りと考えておりますので、ご理解くださいね。詳細は下記の通りです。

商品 : 富士ピクル酢 900ml

価格 : 1,300円(税込)

購入方法 : フリーダイヤル 0120-64-0015

予約期間 : 2012年7月18日(水)〜25日(水)

お届け日 : 2012年8月1日(水)以降、8月末日ごろ

賞味期限 : 1年(開栓後は要冷蔵で保存の上、半年以内にお使いください)

その他 : ラベルはピクル酢360mlのものを利用するため、贈答などには不向きです

食欲のなくなる夏は、酸味をうまく使って、美味しく乗り切ってください。ピクルスに飽きたら、フードプロセッサーで細かくして、食べるドレッシングとしてもお使いいただけます。

飯尾家では麺つゆにも少し、富士酢プレミアムを足して食べています。定番の生姜はもちろん、茗荷を加えたり、オリーブオイルを垂らしても美味。

      五代目見習い 彰浩
  
Posted by iiokome at 13:58Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月28日

限定100セット 無農薬栽培の青梅を使った梅酢手づくりキットのご紹介

いまや富士酢にとって、夏の定番ドリンクとなった梅酢。去年は販売できなかった梅酢キットのご紹介です。

1年前の4月はホンマに寒かった。4月20日ごろ、棚田にある満開の一本桜に雪が積もっていたことを思い出します。春に厳しい寒さのため、無農薬栽培の青梅の入手が難しかったのでした。

今年は梅酢キットのために、100kgの無農薬の青梅を確保しました。

2008梅酢キット3


2008梅酢キット2


梅酢キット3
























梅酢キット
























≪梅酢キット≫

セット内容は下記のとおりです。尚、青梅は農薬を使わずに栽培しているため、黒い斑点がある場合がありますこと、ご理解ください。また、梅の大きさはMサイズほどですので、それほど大きくありません。

   〇セット内容(共通)

      ・青梅  1kg(農薬不使用栽培 国産)
      ・お好みのお酢
      ・氷砂糖 1kg
      ・3リットルガラス保存容器(不要の場合は1,000円引き)
      ・レシピ
      ・竹ぐし

    〇お酢の種類および価格(送料・税込)

     Aセット 紅芋酢(500ml 2本)     7,700円

     Bセット 富士玄米黒酢(900ml 1本) 6,100円

     Cセット 純米富士酢(900ml 1本)  4,500円

     Dセット 富士酢プレミアム(900ml 1本) 5,500円

【ご注文方法】

  電話 0120-64-0015
  FAX 0772-25-1414
  メール web@iio-jozo.co.jp 件名に「梅酢の注文」と記載ください

【ご注文の締切】  2011年6月9日(木)
            (100セットがなくなり次第、終了とさせていただきます)

【お届け日】  2011年6月17日(金)18日(土)19日(日)のいずれか。
         クール宅急便にてお届けいたします。
         尚、通常商品との混載はできかねますこと、ご了承ください。

【お支払方法】  郵便局またはコンビニよりお支払いください。

  
Posted by iiokome at 10:50Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月06日

「富士酢の米」、まだ少しありますが、いかがでしょうか

昨年の秋に収穫した「富士酢の米」、おかげ様でたくさんのご注文をいただきました。ありがとうございました。10月に6ヶ月コースをご注文いただいたお客様の中には、「あと半年分、欲しいんだけど、まだある?」とお問い合わせくださる方も。

本当はもっと早くご案内したかったのですが、実は、ある生協で販売していただく予定がありまして。生協では「品切れ」を起こすわけにはいかないので、余裕を持って数量を確保しておりました。このたび、無事に出荷が終わりましたので、再度、「富士酢の米」をご案内させていただきます。また、「富士酢のもち米」も初登場!

富士酢の米2


富士酢の米


≪富士酢の米≫

3kg換算で150袋ほど、酒蔵の保冷庫で保管しております。また、昨年初めて、ほんの少しだけ栽培した「富士酢のもち米」も召し上がっていただきたく、ご案内させていただきます。

 1.富士酢の米(3kg)
           1袋 3,000円(税込・送料別途500円)

 2.6ヶ月定期コース
           3kg×6袋 19,800円(税・送料込)

 3.30袋限定 富士酢のもち米(3kg)
           1袋 3,000円(税込・送料別途500円)


 「富士酢の米」は、A.玄米 B.七分搗き C.白米(九分搗き)からお選びいただけます。「富士酢のもち米」は白米(九分搗き)です。

 注1)送料は一箇所につき1〜3袋で500円、4袋以上は無料
 注2)出荷場所が異なるため、他商品との混載は出来かねますのでご了承ください。


≪お届け日及び時間≫

 4月下旬の予定です。6ヶ月コースの場合は、毎月月末にお届けいたします。

≪お申し込み方法≫

電話の場合(0120-64-0015または0772-25-0015)
メールの場合、こちら(web◆iio-jozo.co.jp ◆=@)宛に
必ず件名に「申し込み:富士酢の米」と記載いただくと共に、下記の項目をお知らせください。
その他、ご不明な点などございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

≪お申し込み締め切り≫

限定数がなくなり次第、終了とさせていただきます。


≪メールのお申し込み例≫

(件名)「申し込み:富士酢の米」
お名前 :
ご住所 :
お電話番号 :
ご希望の商品記号 :例 1−B
数量:
お届け希望日時 :
お支払い方法 :(クレジットカード or コンビニ郵便振込)のどちらかをご指定ください。

 注3)初めてのご注文の方はクレジットカードまたは代引き(別途300円必要)でお願い致します。
 注4)クレジットカードをご利用の方はお手数ですが、有効期限及び番号を電話にてご連絡ください。

                       五代目見習い 彰浩
  
Posted by iiokome at 15:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月10日

限定60袋、富士酢の米(天日干し)を単品販売させていただきます

先般、こちらでご案内しましたとおり、天日干しの米の販売は定期コース(6か月 or 12か月)のみとさせていただきました。ただ、この案内自体が稲刈り前だったこともあって、それぞれの限定数量に余裕を持たせていたことから、今回、限定60袋を販売させていただきます。

富士酢の米(天日干し)


富士酢の米(天日干し)2


富士酢の米(天日干し)3


≪富士酢の米(天日干し) 3,900円≫

昨年、東京にある素晴らしいお米屋さん山田屋本店で『富士酢の米』のティスティングと機械による食味値分析をしていただく機会がありました。その際、食味値93点という高い評価をいただきました。

最近になって、秋沢社長様から、その年、2,000種以上もの米を検査された内のトップ3だったと伺いました。ちなみに、山田屋本店はプロのお米屋さんです。「米を売ってるんやから、当たり前やろ」と思われそうですが、そうではありません。全国でも数少ない、米飯選抜パネリスト資格をお持ちの方が2人も。つまり、単純に仕入れた米を精米して出荷するのではなく、米の品質を極めて詳細に見極めた上で、ユーザーに使い方をアドバイスできる米屋さん。

さて、そんな富士酢の米(天日干し)のご注文方法は、「続きを読む」をご覧ください。

  続きを読む
Posted by iiokome at 16:51Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月29日

「富士酢の米」、先行予約のご案内

稲刈りまであと2週間となりました。伊藤、今井からの報告では、連日のように猪が棚田に入っているとのこと。電気柵も何箇所か壊されているようで、心配しております。

さて、そのような標高の高い棚田でできる丹後の無農薬栽培コシヒカリの味は、「これまで食べてきた、平地でできた米とはぜんぜん違う」とのうれしいお声をいただいております。

その理由として、

  1.標高400m以上の棚田は真夏の昼夜の温度差が大きい

  2.生活排水や農薬に汚染されていないため、水も空気もきれい

  3.種モミからしっかり育てた丈夫な苗だけを使う

  4.(私たち蔵人が作る米は)手植えしている

などが挙げられます。その反面、平地で農薬を使う場合に比べ、様々な苦労があり、時間や労力がかかります。

新米


≪炊き立てのご飯≫

大粒でモチモチした粘り、それでいて粒がつぶれにくいのが特徴です。

ちなみに、平地で農薬を使った場合に比べ、収穫量は半分もしくはそれ以下です。これが美味しさの裏返しなのかもしれません。

さて、今年はちょっと早めに「富士酢の米」限定販売の案内をさせていただきます。といいますのも、すでに何人ものお客様から問い合わせをいただいておりまして。長文で申し訳ありませんが、ご熟読ください。

  続きを読む
Posted by iiokome at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月27日

今年も限定200! 手づくり梅酢セットのご紹介

今月に入って、数件のお問い合わせをいただいております。

  「去年買った梅酢、今年は販売しないんですか」

  「漬けて1年経つから飲んだら、あまりにも美味しくて」

などなど、ありがたいお声を。

もちろん、今年も用意しております、手づくり梅酢セット。

梅酢セットのご案内
































≪梅酢セットのご案内≫

※詳細は、こちらの画像をクリックしてご覧ください。プリントアウトしていただくと見やすくなります。

今年は昨年より300円、値段が高くなっております。これは、これまで以上に品質の高い青梅を予約したため、原価が300円アップするからです。ご理解ください。

限定200セットですので、早めのご注文をお願い致します。尚、クール便でお送りするため、通常商品との混載はできかねます。ご了承ください。

                       五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 14:46Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月18日

天日干しの「富士酢の米」、12袋限定販売のご案内

10月2日のブログとダイレクトメールでご案内しておりました、限定の天日干しした「富士酢の米」。お蔭様でそれぞれの限定100袋、合計200袋はあっという間に完売いたしました。

なのになんで? と思われた方へ。

精米によるロス(九分搗きなら10%近く)を考慮していた関係で、実はあと12袋ございます。

というわけで、このブログをご覧くださった方の中から早いもん勝ちで限定12袋(お1人様4袋まで)販売させていただこうと思います。詳しくは下記をご覧ください。

09年お歳暮


















09年お歳暮2



























≪富士酢の米 天日干し 3kg≫

  商品名 : 富士酢の米(天日干し)仝縞董,泙燭蓮´白米(九分搗き)

  限定数量 : 12袋(お1人様4袋まで)

  価格 : 3,500円(税込)

  送料 : 1〜3袋の場合、500円 4袋の場合は無料
      (いずれも一か所にお送りする場合)

  ご注文方法 : 電話0120-64-0015
       (携帯の場合は)0772-25-0015

  ※メールでの注文は無効とさせていただきます。
  ※※酢との同送は出来かねますのでご理解ください

  精米日 : 2008年12月22日

  発送日 : 2008年12月25日

早いもん勝ちですので、売り切れの際はご理解いただきますよう、お願い申しあげます。

                    五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 15:58Comments(2)TrackBack(0)

2008年10月02日

今年も「富士酢の米」の先行予約を開始致します

ブログにてご報告しておりますとおり、今年も質のいい米ができております。これは、たくさんの方が田植えや稲刈りなどをお手伝いしてくださったお陰です。ご協力くださった皆様に心より感謝申し上げます。

富士酢の米2

































≪ピカピカ、つやつやの新米≫

「富士酢の米」は、その名のとおり、富士酢を造るための原料米。標高400m以上の宮津の棚田で、農薬の代わりに黒酢を撒いて病気を予防しながら丁寧に育てたコシヒカリです。日本各地に農薬を使わずに栽培した米はたくさんあります。しかし、標高の高い棚田で農薬を使わずに作った米はほとんどありません。 なぜなら、棚田は土手やあぜの面積が広いため、周りの草刈りに時間がかかるからです。また、猪等の獣害対策として電気柵を設置するなど、平地の田んぼに比べて数倍もの時間と手間を要するからです。さらに、収穫量も平地で農薬を使った場合に比べて30%も減少します。つまり、効率が非常に悪いのです。しかしその分を補っても余りあるほど、美味しくて安全な米ができます。これは、昼と夜の寒暖差が大きいこと、生活排水などに汚染される心配がないことが理由です。今年は玄米、七分搗きに加え、九分搗き(通常の白米)の3種類の精米歩合のものをご用意いたしました。

実は、ここ数年、当蔵の売上のこともあって、農薬を使わない酢造りを開始して40年間で初めて、契約農家の作った米を全量買取できません。その結果、契約農家は作った米の一部を農協に販売せざるを得ないため、収入も少なくなってしまいます。私どもが買い取る価格の半分以下の値段にしかならないからです。来年以降、少しでも農家の生活の一助になるためにも、米の全量買取を復活させたいと考えております。余剰分の米を皆様に買っていただくことが、契約農家を支えることにもつながります。ぜひご協力をお願い申し上げます。

尚、昨年に比べて販売価格が少し高くなっております。これは、昨年は精米や袋詰め等の人件費を計上していなかったことの他に、品質向上を目的に新しい検査(色選機)を導入したからです。ご理解いただけますと幸いです。

  続きを読む
Posted by iiokome at 13:36Comments(1)TrackBack(0)

2008年06月02日

限定200! 旬と涼を感じていただける手づくり梅酢キットのご紹介

春キャベツ、新タマネギ、らっきょう・・・。野菜から旬を感じることができる日本だからこそ大事にしたい、季節の行事。今年も青梅の季節がやってきます。

2008梅酢キット

































2008梅酢キット2


















2008梅酢キット3


















≪梅酢≫

自分で漬け込んだ梅酢を初めて開ける瞬間。

この梅を漬けたあの日、初夏とは思えないほど暑かったなぁ。1年も待つなんて、と呟きながら漬けたのに・・・。1年って、意外とすぐにやってくるもんです。

  続きを読む
Posted by iiokome at 14:40Comments(0)TrackBack(0)

2007年10月08日

天日干しの「富士酢の米」、お陰様で完売しました

こちらでご案内しておりました「富士酢の米」限定200袋、お蔭様で完売しました。このお米は全て稲木で天日干しをしたものでしたので、たった10俵分ほどしか収穫できなかったのでした。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

後日、杜氏の藤本と来年度の仕込みの本数を決定します。その数量によっては、もう少しだけ米をご提供できるかもしれません。天日干しではありませんが。その際は再度ご案内いたします。ご注文くださった皆様、ありがとうございました。来週中にはお届けできると思います。ぜひお早めにお召し上がりください。

                        五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月27日

富士酢の米、豊作のため予約を開始致します

炊きたてを茶碗に盛ったときの湯気、箸で口に運ぶときに鼻腔で感じる香り、熱々を頬張ったときの粘り、噛むほどに舌が捉える甘味。
日本人である喜びを味わってください。

富士酢の米2



































≪新米≫

お陰様で今年は豊作です。そのため、富士酢の原料米のコシヒカリを皆様にご賞味いただきたいと思い、販売させていただきます。現在、稲刈りの真っ最中ですので、事前に予約をしていただき、天日干しや脱穀等の作業が終わり次第、随時お送りいたします。

尚、天日干しした米は量が少ないため、限定数量200袋とさせていただきます。

富士酢の米


























≪富士酢の米 3kg≫

その名のとおり、富士酢を造るための原料米です。標高400m以上の宮津の棚田で種籾を選別し、化学薬品を使わずに熱湯消毒、丈夫な苗を作り手植えし、農薬の代わりに黒酢を撒き、手で刈り、天日でじっくり干したコシヒカリ。詳細な栽培方法はこちらをご参照ください。(注:重いデータです)



≪商品及び価格(税込)≫

  A.3堝 玄米         3,000円
  B.3堝 白米(七分搗き)   3,000円
  注1)送料は一箇所につき1〜3袋で500円、4袋以上は無料とさせていただきます。
  注2)他製品との混載は出来かねますのでご了承ください。


≪お届け日及び時間≫
 10月中旬以降、詳細は後日ご連絡いたします。ご贈答なども賜ります。
尚、時間指定は、〔午前中・12-14時・14-16時・16-18時・18-20時・20-21時〕の中からお願い致します。


≪お申し込み方法≫
電話の場合(0120-64-0015または0772-25-0015)

メール(web◆iio-jozo.co.jp ◆=@)の場合、必ず件名に「申し込み:富士酢のお米」と記載いただくと共に、下記の項目をお知らせください。

その他、ご不明な点などございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

≪お申し込み締め切り≫

限定数200袋がなくなり次第、終了とさせていただきます。

メールの申し込み例

(件名)「申し込み:富士酢のお米」
お名前 :
ご住所 :
お電話番号 :
ご希望の商品記号 :
お届け希望日時 :
お支払い方法 :(クレジットカード or コンビニ郵便振込)のどちらかをご指定ください。

 注3)初めてのご注文の方はクレジットカードまたは代引き(別途300円必要)でお願い致します。
 注4)クレジットカードをご利用の方はお手数ですが、有効期限及び番号を電話にてご連絡ください。

                        五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 20:12Comments(1)TrackBack(0)

2007年09月26日

欲しい人がいらっしゃれば一緒に注文しますよ、富士酢Tシャツ

田植えや草刈り、稲刈り。もちろん、蔵での仕事もこれを着てます。

「飯尾さん、そのTシャツいいですね。」というお声が男女問わずにチラホラと。在庫が一枚もなくなってしまったもので追加発注します。もし、私も買いたいという方がいらっしゃいましたら、この機会に一緒にいかがですか。

富士酢Tシャツ












≪前後イラスト≫

前は左胸に「富士酢」ロゴ、後ろには首の下に富士山の紋。紋を拡大しましょうか。

富士酢Tシャツ2
























≪紋≫

紺地に白の紋です。デパートの催しのときに着用する半纏とお揃い。稲穂がみえるってことは秋です。

富士酢Tシャツ3








≪サイズ表≫

尚、3Lがいい、という方はご相談ください。ちなみに私や秋山はSを着ています。着てるところの写真が見たいという方、こちらです。

富士酢Tシャツ4


































≪モデル着用≫

杜氏の藤本は身長175センチくらい。Mを着ています。ちなみに頭には富士酢手ぬぐい。

ご注文の詳細はこちら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名称 : 富士酢Tシャツ

色 : 紺地に白の文字または紋

素材 : ポリエステル60% 綿40% ドライメッシュ生地

サイズ :上記の表を参照ください

価格 : 税込1,800円

送料 : 酢に同梱する場合は合計10,000円以下は500円、合計10,000円以上で無料。
     Tシャツのみの場合は5枚まで500円(税込)、6枚以上は無料。

申し込み方法 : 電話(0120-64-0015または0772-25-0015)
         またはメール web◆iio-jozo.co.jp (◆=@)まで。
         タイトルに「富士酢Tシャツ」と記載ください。

申し込み期限 : 10月1日(月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                       五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 08:35Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月29日

季節限定! 手作り梅酢キットのご案内

今年もそろそろ青梅の季節です。昨年、大好評をいただいた、限定の手作り梅酢キットをご案内致します。ご家族やご自身で楽しんでいただくだけではなく、ちょっと変わった贈答用にもお使いください。アルコールを含まないため、お酒を召し上がらない方にも喜んでいただけます。


自分で漬け込んだ梅酢を初めて開ける瞬間。

密閉されたガラス容器の蓋を開けたとたん、四季の眠りから醒めた青梅の香気の分子が、幾重にも重なりながら辺り一面に広がります。生唾を飲み込みながら透明のグラスに氷を入れ、すぐさま梅酢を注ぎ、まずはロックでひと口・・・。ふた口目からは4〜5倍以上の冷水で割って、お召し上がりください。

1年後には、梅の精との至福の時間が待っています。作る楽しみ、待つ楽しみ、飲む楽しみ・・・。

梅酢キット



























≪紅芋酢で1年漬けた梅酢≫

スーパーなどの売場にある青梅。それは、斑点やシミ、ソバカスのないつるんつるんの美しいひすい色。でも、それは、農薬の産物。収穫前に何度も散布した確固たる証拠でもあります。

最近は農薬を使わずに栽培された青梅を手に入れることが難しくなっています。「安全で美味しい梅酢を漬けてみたい」、そんなお客様のお声から、今回、弊社では安全で美味しい梅酢セットをご用意いたしました。見た目はけっして綺麗とは言えませんが、これこそが自然の恵み。人にやさしい青梅を、自信を持ってご案内させていただきます。

  続きを読む
Posted by iiokome at 09:53Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月07日

200人だけに先行予約! 木村秋則さんのりんごだけを使った『にごり林檎酢』

本日(12月7日)、午後10時よりNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で青森のりんご農家、木村秋則さんが特集されます。詳しくはこちら

そして、その奇跡のりんごだけで(水の一滴も加えず)造った『にごり林檎酢』の先行予約を承ります。発売は来年1月16日(火)です。

にごり林檎酢


























≪にごり林檎酢120ml 840円≫

全て手作業です。造りの様子はこちら

濃縮還元果汁では絶対に残っていない、フレッシュなりんごの香りと、ほんのり残る甘みと濃厚な旨味いっぱいの酢です。

  続きを読む
Posted by iiokome at 10:22Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月18日

<締切23日まで延長しました>富士酢のお米を50名様に限定販売します

今年も無事に米の収穫を終えることができました。稲作担当の伊藤をはじめ蔵人が、たくさんのお客様の協力の下に作った天日干しの無農薬新米を50名様限定で販売させていただきます。

尚、販売は弊社よりこの件に関するメールニュースが届いた方(弊社製品を一定期間で所定の回数及び金額以上ご購入いただいた方)、及び田植え・稲刈りに参加いただいた方に限らせていただきます。限られた数量であることから、ご理解いただきますようお願い申し上げます。


富士酢の米























【富士酢のお米、限定販売のご案内】

≪米について≫
京都府宮津市上世屋地区の棚田で蔵人が農薬を使わずに栽培し、天日干しした新米。
栽培履歴については、ブログの「米を作る」カテゴリーをご参照ください。


≪商品及び価格(税及び送料込)≫
注) お一人様1袋とさせていただきます。また、他製品との混載は出来かねますのでご了承ください。

  A.3堝 玄米         3,500円
  B.3堝 白米(七分搗き)   3,500円
  C.5堝 玄米         5,000円
  D.5堝 白米(七分搗き)   5,000円


≪限定数量≫ ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

 1.3kg(玄米及び白米合計) 30名様
 2.5kg(玄米及び白米合計) 20名様   


≪応募締め切り⇒延長しました≫
 10月23日(月)午前12時まで


≪お届け日及び時間≫
 10月26日(水)〜 11月5日(日)の間でご指定ください。
尚、時間指定は、〔午前中・12−14時・14−16時・16−18時・18−20時・20−21時〕の中からお願い致します。


≪応募方法≫
メール(web◆iio-jozo.co.jp ◆=@)でお申込ください。その際、必ず件名に「申し込み:富士酢のお米」と記載いただくと共に、下記の項目をお知らせください。その他、ご不明な点などございましたら、メールでお問い合わせください。また、当選者にのみ、10月23日中にメールで通知させていただきます。

(件名)「申し込み:富士酢のお米」
お名前 :
ご住所 :
お電話番号 :
ご希望の商品記号 :
お届け希望日時 :
お支払い方法 :(クレジットカード or コンビニ郵便振込)のどちらかをご指定ください。

                       五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 14:10Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月22日

限定200セット 『無農薬栽培の青梅を使った、自家製梅酢セット』のご案内

自分で漬け込んだ梅酢を初めて開ける瞬間。

密閉されたガラス容器の蓋を開けたとたん、四季の眠りから醒めた青梅の香気の分子が、幾重にも重なりながら辺り一面に広がります。生唾を飲み込みながら透明のグラスに氷を入れ、すぐさま梅酢を注ぎ、まずはロックでひと口・・・。ふた口目からは4〜5倍以上の冷水で割って、お召し上がりください。

1年後には、梅の精との至福の時間が待っています。

梅酢セット
























≪富士玄米酢で1年漬けた梅酢≫

スーパーなどの売場にある青梅。それは、斑点やシミ、ソバカスのないつるんつるんの美しいひすい色。でも、それは、農薬の産物。収穫前に何度も散布した確固たる証拠でもあります。

最近は農薬を使わずに栽培された青梅を手に入れることが難しくなっています。「安全で美味しい梅酢を漬けてみたい」、そんなお客様のお声から、今回、弊社では安全で美味しい梅酢セットをご用意いたしました。見た目はけっして綺麗とは言えませんが、これこそが自然の恵み。人にやさしい青梅を、自信を持ってご案内させていただきます。

  続きを読む
Posted by iiokome at 13:43Comments(1)TrackBack(0)

2006年01月07日

『うめ紅す』『うめ黒す』2本セットを伊勢丹新宿店『京都展』にて限定販売します

京都展






≪京都展のご案内≫

来たる1月11日(水)〜16日(月)まで、伊勢丹新宿店本館6階催事場にて行われる、『伝統とモダンの競演 京都展』に出店します。10時から20時までですが、最終日のみ18時まで。

そして、今回の目玉商品はというと、

梅酢











≪限定セット 2本で1,680円≫

12月16日のブログでなんとなくご案内しておりました商品、『うめ紅す』と『うめ黒す』120ml×2本セットです(セットといっても箱はありませんが…)。

どちらも昨年の6月末に仕込んだもの。紀州の南高梅、白加賀、という2種類の青梅と氷砂糖をそれぞれ、『紅芋酢』『富士玄米酢』で1月5日までの半年間漬けこんだものです。両方ともほのかに、というよりは、ぶわぁーっと梅の鮮やかな香りが楽しめる酢です。果物やアイスクリーム、ヨーグルトなど、デザートソースとしてお使いください。

もちろん、ただの梅ではありません。無農薬栽培の梅。これを探すのが大変でした。なんとか発見しても、結局は150kgしか分けてもらえなかったため、それぞれ1,000本分(120ml換算)しか造ることができませんでした。でも、その分、丁寧に仕込むことが出来ました。なにが丁寧な仕込みかというと、青梅の下処理です。詳しくは秘密ですが、梅のエキスが十分に出るように仕事をしています。単に梅を洗って、ヘタを取っただけではありません。下処理に2日間もかかっています。

そんなこんなで、いいものが出来上がったと思います。ぜひ試飲してください。

梅酢2











≪うめ紅す≫

まずは鮮やかな色。そして、もちろん梅の綺麗な香り。そして、こちらはキリリと輪郭のはっきりした酸味とシンプルながら濃い甘みが特徴です。

バニラアイスや杏仁豆腐、プレーンヨーグルトなど、白い食材と一緒に楽しんでいただければ、鮮やかな紅色を楽しんでもらえるかと。

梅酢3











≪うめ黒す≫

こっちはアミノ酸の多い『富士玄米酢』を使っている分、『うめ紅す』に比べて酸味がやわらかいのが特徴です。もちろん香りはぶわぁーっと広がります。

この2品、実は来月のバレンタインのチョコ代わりにいいのでは? 本命の人には2本を綺麗にラッピングして。義理チョコにはリボンを結んで1本だけ渡す、とか。女性の気持ちがわからない私がいうのもなんですが、いいアイディアじゃないかなぁ? でも逆に男性が女性にプレゼントするのもありかも。

                         五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 00:01