酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

限定商品

7月にacetoがオープンして5ヶ月が経ちました。お陰さまで多くの方にご来店いただいております。心より御礼申し上げます。またacetoでの食事を目的に、泊りがけで丹後に来ていただく方もいらっしゃいます。少しずつではありますが「より多くの方に丹後・宮津を満喫してほしい
『aceto特製「いのしかチョーうまいセット」を販売します』の画像

11月を迎える楽しみの一つが、高尾農園さんのオリーブオイル。 先日、届きました。 高尾さんがオリーブ栽培を志したのは2006年。小豆島のなかでは後発ではありますが、品質については世界基準。高尾さんの研究熱心で手間ひまを惜しまない姿勢には頭が上がりません。 ○効
『今年も高尾農園のオリーブオイル、限定販売します』の画像

実るほど、頭を垂れる稲穂かな―― 今年の稲刈り体験会の日程も決まり、予想を超えるたくさんのお客さまに参加のお申し込みをいただきました。心よりお礼申し上げます。 さて、今年も「富士酢の米」(コシヒカリ)を販売いたします。通販システムを改修し、富士酢公式通販
『今年も「富士酢の米」を販売します(※販売終了しました)』の画像

夏の限定商品として登場している「すし酢でらっきょう」ですが、 中身は「すし酢」と変わりませんので、らっきょう漬けだけでなく、「すし酢」と同様に甘酢漬けやお寿司にお使いいただけます。 大容量で通常サイズよりお得になっております。 すし酢でらっきょう 900ml
『ご存知ですか 「すし酢でらっきょう」の隠れた?真実』の画像

5月に入り、地域によっては最高気温30℃を超えた日もあるとか。徐々に暑さを感じることが多くなっています。このような時季には、さっぱりとしたものが美味しく感じますね。そして6月にはらっきょうや新生姜が旬を迎えます。 そんな夏におすすめの限定商品、今年も販売いた
『夏の限定商品3兄弟! 満を持して登場です』の画像

お陰様で無事に稲刈りを終えることができました。 今年は全国的に台風の被害も多く、また9月は雨が多かったことから、稲刈り体験会も中止した日がありました。それでも9月24日には秋晴れの下、40名以上の参加者のみなさんにお手伝いいただきました。本当にありがとうござい
『3年振りに『富士酢の米』を販売します』の画像

何年か前に受注生産品として販売したことがあったのですが、いまでも「大きいサイズのあります?」とお問い合わせいただくことがあります。 そんなアツいリクエストにお応えして、数量限定で販売いたします。 まずは、手軽に美味しいらっきょうを漬けられる『すし酢でらっ
『夏の限定商品リターンズ! 『ガリ酢』&『すし酢でらっきょう』』の画像

毎年、田植え&稲刈りファッションショーの入賞者には非売品のお酢をプレゼントしています。       2013  赤すし酢(現、手巻きすし酢)     2014  ごまぽん     2015  しゃぶしゃぶに夢中 今回、試作した『しゃぶしゃぶに夢中』の評判がすこぶるよかった
『ぜひ召し上がっていただきたい新製品『しゃぶしゃぶに夢中』は今のところ200本限定です』の画像

横浜高島屋の味百選、その他の仕事で横浜に2週間滞在しました。長期間の出張をなんとかこなしているうちに酒蔵の仕込みも玄米黒酢用の酒、紅芋酢用の酒を残してほぼ終わり。杜氏や蔵人たちも怪我なく事故なく仕事をこなしてくれています。 毎年、何日かは酒蔵で蔵人仕事をす
『ミスすのもの酢を紹介します』の画像

高尾農園のルッカ種100%ヴァージンオイル、限定数量70本は瞬く間に売切れてしまいました。せっかくご注文いただいたのにお届けできなかった皆様には申し訳ありませんでした。 でも、ご安心を。高尾さんの友人でもあるクリスティアーノのオイルが再入荷しました。 ≪柿と
『クリスティアーノの悶絶オイルが戻ってきた』の画像

小豆島にある高尾農園に行ったのは2年前。プロのオイルブレンダーであるクリスティアーノをアテンドしたのです。彼にとっても高尾さんのオイルの美味しさは衝撃だったようです。そして、その秘密の一端が極端に非効率的な手摘みだったと知ったのは、私自身が収穫の手伝いをさ
『今年も限定70本、高尾農園のアボカドとアスパラの香りあふれるヴァージンオイル』の画像

暑いですね。 先週末の宮津市は観測史上最高の37.8度を記録しました! 最高気温を聞くと余計に暑くなりますよね。もう、とろけそうでした。 皆様のところは大丈夫でしょうか。 暑い、暑い、あつい〜 こんな時はさっぱりしたものがいただきたいですよね。 そんな皆様のため
『大きくなって登場!限定商品販売のお知らせ』の画像

先日、こちらで紹介しましたとおり、5月28日(水)から6日間、伊勢丹新宿店の「チアアップ! ニッポン 日本の食と暮らし展」で手巻き寿司パーティーを開催します。   酢飯と海苔が美味しければ具はいらない をテーマに、シンプルな手巻き寿司を楽しんでいただけたらと
『伊勢丹新宿店にて2日間限定で新製品「ガリ酢」を販売します』の画像

12月の声をきくと、あっという間。毎週忘年会でお忙しくされている方もおられるでしょうね。 ここにきて続々登場、冬の限定販売のご案内です。 いずれも無くなり次第販売終了となります。 年末のパーティーや家族団らんに。この時期しかない食材たちもお仲間に入れていただけ
『この冬の限定販売4品。赤すし酢、海苔、オリーブオイル、ゆずなま酢』の画像

このブログでも紹介しましたとおり、11月末に東京で手巻き寿司ランチパーティーを開催しました。遠くは神戸からもご参加いただきました。皆様、貴重なお休みに時間をとっていただき、本当にありがとうございました。社員旅行を兼ねたパーティーでしたので、蔵人一同、楽しい
『手巻きすしパーティーにご参加くださった皆様からご好評につき、「富士赤すし酢」(300本限定)と「成清さんの海苔」を販売いたします』の画像

寒くなってきました。今日の宮津は最高気温が11度だとか。 冬はあまり好きではないのですが、大根や蕪などの根菜が美味しくなるのは大歓迎。特に祖母の畑でとれる大根、蕪は甘みと瑞々しさが増して、最高です。隣りの畝の春菊と共に毎年の楽しみ。 さて、この季節だけの限
『冬だけ、「富士ゆずなま酢」を限定発売いたします。お節にどうぞ』の画像

一昨年、昨年とお酢造りで全てを使ってしまったため、ご案内できておりませんでした、「富士酢の米」。 「富士酢の米」とは、私たち蔵人と契約農家が京都・丹後の棚田で農薬を一切使わずに作ったコシヒカリ。去年も新潟魚沼コシヒカリと同じ、「特A」の評価をいただいた、美
『3年振りの「富士酢の米」、販売のご案内』の画像

  ピクル酢、すぐになくなってしまうので、大きいサイズはないですか? 昨年からちょくちょく、こんなお声をいただいておりました。また、6月に東京で開催したピクルスCafe & Barでも、あるお客様から熱烈なリクエストをいただきました。  本音では、できるだけ開栓

いまや富士酢にとって、夏の定番ドリンクとなった梅酢。去年は販売できなかった梅酢キットのご紹介です。 1年前の4月はホンマに寒かった。4月20日ごろ、棚田にある満開の一本桜に雪が積もっていたことを思い出します。春に厳しい寒さのため、無農薬栽培の青梅の入手が難し
『限定100セット 無農薬栽培の青梅を使った梅酢手づくりキットのご紹介』の画像

昨年の秋に収穫した「富士酢の米」、おかげ様でたくさんのご注文をいただきました。ありがとうございました。10月に6ヶ月コースをご注文いただいたお客様の中には、「あと半年分、欲しいんだけど、まだある?」とお問い合わせくださる方も。 本当はもっと早くご案内したかっ
『「富士酢の米」、まだ少しありますが、いかがでしょうか』の画像

先般、こちらでご案内しましたとおり、天日干しの米の販売は定期コース(6か月 or 12か月)のみとさせていただきました。ただ、この案内自体が稲刈り前だったこともあって、それぞれの限定数量に余裕を持たせていたことから、今回、限定60袋を販売させていただきます。
『限定60袋、富士酢の米(天日干し)を単品販売させていただきます』の画像

稲刈りまであと2週間となりました。伊藤、今井からの報告では、連日のように猪が棚田に入っているとのこと。電気柵も何箇所か壊されているようで、心配しております。 さて、そのような標高の高い棚田でできる丹後の無農薬栽培コシヒカリの味は、「これまで食べてきた、平地
『「富士酢の米」、先行予約のご案内』の画像

今月に入って、数件のお問い合わせをいただいております。   「去年買った梅酢、今年は販売しないんですか」   「漬けて1年経つから飲んだら、あまりにも美味しくて」 などなど、ありがたいお声を。 もちろん、今年も用意しております、手づくり梅酢セット。
『今年も限定200! 手づくり梅酢セットのご紹介』の画像

10月2日のブログとダイレクトメールでご案内しておりました、限定の天日干しした「富士酢の米」。お蔭様でそれぞれの限定100袋、合計200袋はあっという間に完売いたしました。 なのになんで? と思われた方へ。 精米によるロス(九分搗きなら10%近く)を考慮していた
『天日干しの「富士酢の米」、12袋限定販売のご案内』の画像

ブログにてご報告しておりますとおり、今年も質のいい米ができております。これは、たくさんの方が田植えや稲刈りなどをお手伝いしてくださったお陰です。ご協力くださった皆様に心より感謝申し上げます。
『今年も「富士酢の米」の先行予約を開始致します』の画像

こちらでご案内しておりました「富士酢の米」限定200袋、お蔭様で完売しました。このお米は全て稲木で天日干しをしたものでしたので、たった10俵分ほどしか収穫できなかったのでした。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。 後日、杜氏の藤本と来年度の仕

炊きたてを茶碗に盛ったときの湯気、箸で口に運ぶときに鼻腔で感じる香り、熱々を頬張ったときの粘り、噛むほどに舌が捉える甘味。 日本人である喜びを味わってください。 ≪新米≫ お陰様
『富士酢の米、豊作のため予約を開始致します』の画像

田植えや草刈り、稲刈り。もちろん、蔵での仕事もこれを着てます。 「飯尾さん、そのTシャツいいですね。」というお声が男女問わずにチラホラと。在庫が一枚もなくなってしまったもので追加発注します。もし、私も買いたいという方がいらっしゃいましたら、この機会に一緒
『欲しい人がいらっしゃれば一緒に注文しますよ、富士酢Tシャツ』の画像

今年もそろそろ青梅の季節です。昨年、大好評をいただいた、限定の手作り梅酢キットをご案内致します。ご家族やご自身で楽しんでいただくだけではなく、ちょっと変わった贈答用にもお使いください。アルコールを含まないため、お酒を召し上がらない方にも喜んでいただけます
『季節限定! 手作り梅酢キットのご案内』の画像

今年も無事に米の収穫を終えることができました。稲作担当の伊藤をはじめ蔵人が、たくさんのお客様の協力の下に作った天日干しの無農薬新米を50名様限定で販売させていただきます。 尚、販売は弊社よりこの件に関するメールニュースが届いた方(弊社製品を一定期間で所定
『<締切23日まで延長しました>富士酢のお米を50名様に限定販売します』の画像

自分で漬け込んだ梅酢を初めて開ける瞬間。 密閉されたガラス容器の蓋を開けたとたん、四季の眠りから醒めた青梅の香気の分子が、幾重にも重なりながら辺り一面に広がります。生唾を飲み込みながら透明のグラスに氷を入れ、すぐさま梅酢を注ぎ、まずはロックでひと口・・・。
『限定200セット 『無農薬栽培の青梅を使った、自家製梅酢セット』のご案内』の画像

↑このページのトップヘ