2016年08月04日

宮津が誇るカフェレストラン、mogmogのアニ飯をコース仕立てにしてもらった夜

夏休みを利用して東京から友人家族が来てくれました。

アニ飯


≪mogmog≫

小学三年生のお嬢さんが楽しんでくれるお店をと選んだのがmogmog。普段はランチだけの営業、ディナーは予約のみ、またオードブルの盛り合わせやお弁当などのテイクアウトもされています。小さなお店なのでランチでも予約しないと入れないことが多い、宮津でトップ3に入る人気店。

こちらには年に1、2回しか出現しないレアなご飯があります。それが、「アニ飯」。兄貴がつくるからアニ飯。

ではなくて、アニメに出てきた料理を忠実に、しかもおそらくアニメよりも美味しくつくってあるのです。基本的には単品での注文なのですが、今回は特別にコースに仕立ててもらいました。

しかも、店内にあるパソコンで料理の出てくるシーンを紹介しながらいただけるのです。

アニ飯2


アニ飯3


≪ハイジの白パン≫

いつもかたい黒パンを食べているおばあさんにふんわりやわらかい白パンを食べてもらいたい、そんなハイジのやさしさ。

アニ飯4


アニ飯5


≪魔女の宅急便のニシンパイ≫

おばあさんの得意料理ニシンパイ、キキはきらい。

北欧を舞台にしたこのアニメ、おそらくニシンの酢漬けを使っているから、というのがmogmogの女性店主、小松さんの見立て。そこで、北海道から取り寄せたニシンはグリルして、カボチャを加え、ホワイトソースでアレンジ。間違いなくアニメよりも美味い!

アニ飯6


アニ飯7


アニ飯8


≪ハウルの動く城でカルシファーがつくるベーコンエッグ≫

ただのベーコンエッグがこんなに美味しそうにみえます。

アニ飯9


アニ飯10


≪紅の豚のサーモンソテー≫

キングサーモンにマスタードの酸味がきいたソース。人参のグラッセも面取りしてスープで煮込み、バターソテーするなど、丁寧につくられています。

アニ飯11


アニ飯12


≪ルパンのミートボールスパ≫

カリオストロの城に出てきたこのスパゲティ、これは私がリクエストしました。

ミートボールはなんと2種類。牛肉100%の肉々したもの、豚肉と玉ねぎでふんわりした食感のもの。大満足でした。

アニ飯13


≪あっつあつのスフレ≫

これは友人のお嬢さんリクエスト。まっくろくろすけのクッキーが添えてあります。

「産まれてから一番楽しかった」

というほど喜んでもらえた、私にとっても最高の夜になりました。

mogmogの小松夫妻、本当にありがとうございました。

          五代目 彰浩
  

Posted by iiokome at 08:32Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月12日

日保ちする宮津のオリジナル土産、ついに誕生。また誇れるものが増えました

宮津のお土産といえば、まずは竹中缶詰のオイルサーディン。天橋立の松並木の写真をパッケージに使った缶詰は、東京でもデパートや高級スーパーの定番品として、たくさんの方に愛されています。

また、天橋立名物といえば、知恵の餅。 「三人寄れば文殊の智恵」で有名な文殊四軒茶屋で、鎌倉時代より伝わる伝統名物。伊勢名物の赤福の甘さを控えたような味で、冷凍とか特殊な機械を使っているわけではないので翌日までしか日保ちしないのです。注文してから箱に詰めてくれることもあり、商売っ気のないところもなんだか好き。

他にも、新鮮な魚介を使った干物徳利いかなども外せません。

ただ、観光に来られた方の「ご近所さんや会社の同僚に甘いものを」、というニーズをうまく捉えるオリジナル品はあまり見当たりませんでした。知恵の餅がもう少し保存がきけばなぁ、というのが地元住民のホンネではないでしょうか。せっかく美味しいのに、お土産として持っていくことが難しいのです。

そんな中、宮津界隈のお茶席を一手に引き受ける老舗菓子舗、白藤屋さんからついに発売されたのがこちら。

白藤屋菓子舗3


白藤屋菓子舗4


白藤屋菓子舗5


≪九つ目 105円≫

宮津藩主、本庄家の家紋である「繋ぎ九つ目」をモチーフにしたお菓子。コンセプトやデザインも秀逸です。

丹後産の大納言小豆や餅粉で作られています(やわらかさを保つため、トレハロースが使われています)。2週間もつので、お土産にはもってこい。贈答用の箱には九つ入ります。

お茶請けにちょうどのサイズで、しっとりと炊きあげられた小豆の美味しさと控えめなモッチリ感、ぜひお試しあれ。

  続きを読む
Posted by iiokome at 11:49Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月01日

宮津で美味いものを食いたきゃ、これを見なっ! 「ミャシュラン」というカテゴリーをつくりました

「宮津って、天橋立があるとこでしょ。股覗きくらいしかないじゃん。」

とんでもないっ! 宮津周辺には美味いもん、いろいろあるんですよ、というわけで、このブログに新しいカテゴリーを追加しました。その名も、ミャシュラン。宮津の美味いもんやから、ミャシュラン。

「今日からガソリン税率が引き下げられたわけやし、ちょっと遠出して、宮津の美味いもん食べ尽くすか」というあなたのために。

私が「これは美味い!」と思ったお店を随時更新していきます。宮津に来られる際の参考にしていただけますと幸いです。尚、あくまで私の嗜好を基に書いております。好みの違いなどあるかもしれませんが、ご理解ください。あくまで私個人の嗜好です。


【昼食】

●こんぴらうどん(600〜1,000円程度)

   電話:0772-22-0700
 営業時間:11:00〜15:00 
  定休日:不定休
  駐車場:あり

 こんぴらうどんの鍋焼きで冬を乗り切る!

 新・裏メニュー「トリモリ」、極上の食べ方を発見しました

 こんぴらうどんはお盆も無休なのがありがたい

●七輪焼き カネマス(1,000〜3,000円程度)

   電話:0772-22-3297
 営業時間:11:00〜14:00 16:00〜19:00
  ※金、土、日以外は予約しないと営業しません
   詳しくはこちら
  駐車場:あり?

 宮津に週末限定の七輪焼き専門店が誕生! カネマス

 宮津が誇る七輪焼き屋、カネマスでしっとりと旨み溢るる魚介の忘年会

●精養軒(700〜2,000円程度)

   電話:0772-22-2426
 営業時間:11:00〜14:00 16:00〜19:00
  定休日:木曜日
  駐車場:あり

 宮津が誇る洋食屋、精養軒のランチは盛りだくさん!


【夕食】

●美優食 心(4,000〜7,000円程度)

   電話:0772-25-5389
 営業時間:18:00〜23:00
  定休日:不明
  駐車場:あり?


宮津の夜はここがイチオシ、美優食 心

  魚の質は抜群。4人以上で行って、いろんな種類を食べてください。

●岸和田(5,000〜7,000円程度)

  電話:0772-22-2248
 営業時間:不明
  定休日:不明(予約必須)
  駐車場:なし

12月5日の飯尾醸造忘年会の料理はたしかに素晴らしかった

  一人4,000円程度で大皿料理にも対応してくれる。
  今、宮津で一番好きなお店です。


●七輪焼き カネマス(3,000〜6,000円程度)

   電話:0772-22-3297
 営業時間:11:00〜14:00 16:00〜19:00
  ※金、土、日以外は予約しないと営業しません
   詳しくはこちら
  駐車場:あり?

 宮津に週末限定の七輪焼き専門店が誕生! カネマス

 宮津が誇る七輪焼き屋、カネマスでしっとりと旨み溢るる魚介の忘年会

 自分で焼いて食べる美味さ、たまりません。

●酒菜 禅(3,000〜5,000円程度)

   電話:0772-22-7778
 営業時間:17:30〜23:00
  定休日:木曜日
  駐車場:あり

宮津の夜はここもあり、酒菜 禅

  気楽にいろんなものを食べられる居酒屋です。

※営業時間、定休日などは各店の都合により変更される場合があります。

【おみやげ】

●竹中缶詰 オイルサーディン他(450円〜)

 丹後の土産の定番、オイルサーディン

 以前、雑誌BRIOのバー特集で、バーテンダーさんが「缶詰界のエルメス」と称して、大絶賛されていました。

●知恵の餅

 天橋立の文殊堂の参道にある4軒の茶屋で製造・販売している。
 搗き立ての柔らかいお餅を甘さ控えめの漉し餡で。
 店内で食べることもできる。

●飯尾醸造 富士酢

   電話:0772-25-0015
 営業時間:8:00〜17:00
  定休日:日・祝日
  駐車場:あり

 もちろん、これも宮津名物。
 お土産として人気なのは、富士ゆずぽん酢や果実酢。特に紅芋酢はおススメです。
 メタボ対策や料理、ドリンクに。

 蔵見学やいろんな酢のティスティングもできますので、気軽にどうぞ。 
 

※※このページにちょっとずつお店を掲載していきます、美味しいお店を。

                    五代目見習い 彰浩  
Posted by iiokome at 10:56Comments(3)TrackBack(0)