酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

蔵人だより

   こんにちは。 本日で田んぼ勤務が終了しました今井です。  これから数ヶ月間、本社勤務に変わります!   最近、おサボりしてた「果樹園!」ですが、本社勤務になるため、仕事終わりに少し顔出せるかな? って思ってます。昨年の4月に会長とacEtoスタッフで植えて頂い
『2年目突入の果樹園』の画像

「 漁 港 め し 」 今回は、このワクワクしてしまうネーミングで有名な伊根町の蒲入漁港へ。 漁港が見えてきました。 そう、漁港でランチをするから「漁港めし」。 地元の海で獲れた新鮮な海の幸をふんだんに使った漁師料理です。 遅めの予約だったのですが、店内
『丹後のええところ』の画像

こんにちは。酢造り担当の和田です。 天気がスッキリしない日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?? (つかの間の晴れ間 18000リットルタンクの上から) 4月19日に仕込んだ無花果酢も、53日目が経過しました。 今でこそ菌膜もしっかり拡がり、元気に発
『元気に発酵中』の画像

前回のブログで「退院報告」してから久しぶりに登場の古村です。 顔の腫れが少し残っており 「顔がちょっと変やなぁ〜」 と心配してるのですが、周りから 「前と変わらんで」 と言われるので、元々たいした顔をしてなかったことを思い出しました この前の日曜日、息子とサ
『サイクリングロード』の画像

6月に入りました。 それにしても暑い日が続いています。 屋外も暑いですが、製造現場の屋内もなかなかの暑さです。 そこで、ついに毎年恒例のアレを解禁しました。 その名も「熱中症対策ドリンク」。 そのまんまのネーミング。 もう少し短くて呼びやすい名前にした
『夏の定番』の画像

   冬の酒蔵での酢酛醪の仕込みが無事に終わり、大将(藤本)と蔵の片付けが終われば、ひと息つく間も無く私は米作りの為、鬼軍曹(伊藤)が待ってる棚田へ…。    先週末に1回目の田植え体験会がありましたが今思えば、暑くもなく寒くもなく最高の田植え日和!最高のメン
『上世屋が熱い? 暑い?』の画像

会社から車で8分の宮津市獅子崎に天橋立雪舟観展望休憩所があります。室町時代の水墨画の大成者「雪舟」が描いた「国宝天橋立図」は、栗田峠あたりの山から写生されたのではないかと言われています。4月下旬には休憩所入り口の山肌にミツバツツジが花をつけ、斜面がピンクに
『ここからも天橋立を見ることが出来ます。』の画像

令和おめでとうございます。 人生3つ目の元号! ついに「令和」を迎えましたね。 季節は新緑の季節を迎え、丹後の山々も緑が色濃くなってまいりました。 秋の紅葉も美しく綺麗ですが、私的には新緑の「青もみじ」が大好きです。 みずみずしく透きとおった
『新時代』の画像

飯尾醸造が拠点を置く宮津市には日本三景の一つ「天橋立」があります。その天橋立の清掃活動に初めて参加してきました。 その名も「クリーンはしだて1人1坪大作戦」。 大小5,000本からなる美しい松並木を残そうと、観光客が増えるゴールデンウィーク前に行なわれる清掃活動
『清掃活動』の画像

寒いですねぇ 9日の朝、山を見ると雪が初雪です。 これは、ブログに使える。 と思い写真を ですが、前のブログに雪山の写真が・・・(笑) でも、撮影場所が違うのでOKかな (自分ルールで) 話しが変わりますが家庭菜園ですが、今はこんな 変わっ
『家庭菜園(冬)』の画像

急に寒くなってきましたね。こんにちは。酢造り担当の和田です。 僕たちが寒いと感じるように、実は、飯尾醸造で元気に発酵している菌膜も寒いと感じているのです。(多分、、、) 人は、だいたい36℃〜37℃位で発熱していますが、飯尾醸造の菌膜はだいたい39℃〜40℃位
『寒い冬が来る前に』の画像

醪造り担当の藤本からバトン(無花果の醪)を渡された酢造り担当の和田です。ここからは酢造りの仕込みを紹介します。 無花果の醪です。ドロドロです。まだアルコール発酵しているのか、ブクブクいうてました。 このドロドロの無花果の醪を搾るために、木桶
『無花果の仕込み  〜お酢編〜』の画像

今年は2年ぶりの無花果仕込みとなり、前回の仕込みではまだ入社していなかった若手メンバーもいるので、今回は一緒に作業しながら学ばせることにしました。 無花果はとても傷みやすい果実なので、仕込む日の朝に産地である愛知県まで蔵人がトラックを運転し引取りに行きま
『無花果の仕込み 〜もろみ編〜』の画像

法人担当 加古川です。 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、朝晩は寒いくらいの過ごしやすい季節になりました。 先日の稲刈り体験会には、今年もたくさんの方にご参加いただきました。 ありがとうございました。 さて、通勤途中の与謝野町内の田んぼもすっか
『コウノサン!』の画像

↑このページのトップヘ