酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

蔵人だより

飯尾醸造で最も手間を掛ける仕込の一つが無花果酢。 果汁から造るのではなく、実を摺り下ろして、そのものをアルコール発酵→酢酸発酵の順で進めます。 通常、酢を出荷するまでに3回加水するのですが、一切なし。 正真正銘、無花果だけで出来た唯一無二の酢です。(酵母や酢
『無花果のもろみ、搾りました』の画像

ここ丹後の宮津も、ポカポカ温かくなり桜の花がちょうど見頃です。町を歩けばそこかしこで、春が来たんだなと気づかされます。こんにちは。酢造り担当の和田です。 今週から2019年度、一発目の純米酒富士酢の仕込みをしています。以前、本格的な冬が来る前にタンク下部に巻
『2019年度一発目!』の画像

天橋立を目の前に望むぶどう畑で、ワイン用のぶどうの栽培と醸造をしている 天橋立ワイナリーにランチバイキングに行ってきました。 オープンの11時を10分ほど過ぎた頃に到着したのですが、すでに満席! 90分の食べ放題のため、次に案内できるのが12時30分前くらいとのこ
『丹後のええところА戮硫菫

こんにちは、酢造り担当の相見です。本日「平成」に代わる新元号が「令和」に決まりましたね。 厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたいとの願いを込めて決定したそ
『新元号が決まりましたね』の画像

    最近少し肌寒いようなお天気で、丹後の桜も開花までもう少しやろな…って思いながら車のハンドルを握り、酒蔵に通ってる今井です。    酢酛醪の仕込みもひと段落し、蔵の片付けで大忙しですが、毎年恒例の「甑倒し」を昨年に引き続き、acEtoでいい夜を過ごしました!
『甑倒しは acEto で』の画像

お久しぶりです。年始以来の登場の秋山です。 一昨日、地域の山で発生した間伐材を利用して、椎茸の菌打をしてきました。 子どもたちが興味を示すか、半信半疑でしたが、結果は大成功。 野山相手には作り込まず、その場で遊び・楽しさを見つけるってのが、醍醐味ですね。舞台
『椎茸はシイの木になるキノコだった←常識?』の画像

調合濾過担当の坪倉です。先日、飯尾醸造が米作りをしている上世屋という地区の村仕事に参加してきました。 作業内容は獣害対策のワイヤーメッシュと電気柵の設置です。そして今回は電気柵を鹿対策の5段張りに変更するという初の試みです。 上世屋には我々蔵人も年に数
『村仕事』の画像

こんにちは、酢造り担当の相見です。この冬は雪が積もることもなく、三月になりました。丹後の気温も三寒四温とはよく言ったもので、昨日は雪が、本日は霰が降り、寒い日となりました。さて、三月三日は桃の節句(ひな祭り)、一か月間の雛人形のお披露目です。飾りつけも十
『一か月間のお披露目』の画像

前回ブログで書かせていただいた「宮津天橋立漁師町ととまーと」へ、 念願のランチに行ってきました。 目当てはチラシをみてずっと気になっていたカネマスの「一刻干し」。 丹後の新鮮な魚の美味しさをそのまま味わって欲しい、店主のそんな思いの詰まった「一刻干し」は、
『丹後のええところΔ梁格圈戮硫菫

   そろそろ春ですねっ! 酒蔵では連日途切れる事なく醪の合唱が続いています。酒蔵の仕事もあと少し…。 実は昨年から色々な事にチャレンジしてました!!って言うか、しています! 酢を使ったお菓子作り⁉︎ をやってみようと。情報収集しながら早速、焼菓子・スポンジ
『チョコっと作ってみた』の画像

醪の仕込みがピークを迎え今週末でようやく終わり、あとは経過をみながら上槽(醪を搾る事)や片付けをしていきます。 元旦に松尾大社へ初詣に行きましたが、神頼みだけで良い醪は造れません。やはり個々人の意識とチームワークが大切です。 <蒸米の放冷作業>
『今、由良蔵は大忙し』の画像

すでに春を感じている古村です! 実家の畑で、去年咲いた後から放ったらかしにされていたチューリップの球根から 芽が出ていました! 『自然農法』??? 花が咲くのが楽しみです♪ でも、花より団子の私は食べ物の話を。 昨年10月に研修で岩手県に行ったとき、 全国からの
『大食いで手に入れたもの』の画像

我が家の梅の花が少し咲きました。 春がそこまで来てるのかな 話しが変わりますが 出荷場に、新入りが来ました。 そうです 新入りとは、新しいリーチ式フォークリフトです。 よろしくお願いします。 かっこいい 早速、運転してみると
『新しい仲間』の画像

皆様、こんにちは。今年は宮津も雪が少ないです。少し寂しいです。でも、いつも元気な酢造り担当和田です。 今回は見事に務めを果たした、富士酢の菌膜ちゃんを紹介します。 発酵終盤になると、菌膜の温度が下がり、膜の弾力がなくなりドロリとしてきます。初期の
『お疲れさまでした。』の画像

みなさま!ハッピーバレンタイン 瓶詰めライン担当の市川です。 またもや幸せイベントDAYにブログ当番が回ってきちゃいました。 が!しかし 2月〜4月までは瓶詰めラインは山添さんにバトンタッチして酒蔵勤務です。 その為、ただいま泊まり期間真っ最中、、、誰にも会
『バレンタイン』の画像

法人部 出荷担当の加古川です。 2週間前にアップしたばかりなのに、早くも順番が回ってきてしまいました。 2月3日は節分でしたね。立春も過ぎ、あとは春を待つばかり…。 わが家の節分は、「恵方巻を食べる」、「豆まきをする」、「鰯を食べる」 以外にこんなこともします
『節分のお詣りはこんなことから始まります』の画像

前回のゆずなま酢アレンジが、ごく一部のスタッフにウケたので、第2弾です。 料理が得意じゃない私ができるくらいなので、多分誰でも作れます。 こんな手抜きでレシピと言えるのか・・・? ●ゆずなま酢味噌のつけダレ 材料は、ゆずなま酢と味噌だけ。 作り方は、ゆずな
『なますだけじゃない「ゆずなま酢」』の画像

昨年11月に宮津市の漁師町にできた複合型食事処 「宮津天橋立漁師町ととまーと」に行ってきました。 1/27(日)のこの日は、伊根ブリ解体ショー&即売会ということで たくさんのお客さんでにぎわっていました。 解体前のぶり 目方予想で当たると景品がでるとのこと。 普
『丹後のええところΑ戮硫菫

柚子の香りが食欲をそそる、冬季限定『ゆずなま酢』。 美味しいなますが簡単にできますが、「なますはお正月」というイメージの方も少なくないかも・・・。 ゆずなま酢の原材料は、純米富士酢・粗糖・ゆず果汁・塩。 実はこのまま甘酢としても使え、簡単に味付けができる優
『「ゆずなま酢」をアレンジしてみた』の画像

毎日が、寒いですねぇ 出荷担当の山添です。 今、出荷場の床が大変なことになっています。 3年ほど前に自分達で補修した場所なのですが・・ そこは、素人 フォークリフトで走る度に破片がポロポロ なので今回は職人さんにお願いしました。
『職人の仕事』の画像

法人部、出荷担当の加古川です。 早いもので、もう1月が終わろうとしています。 時の経つのが本当に早く感じるようになりました。 さて、話は変わりますが、年末から年始にかけて、 お酒を飲む機会がたくさんあった方もいらっしゃると思います。 私は車通勤のため、会社の
『わが家の必須アイテムになりました!』の画像

   どうもっ!  今は醪造り担当の今井です。畑のレモン & オレンジが気になりますが、、、   今は酒蔵で仕事してます。   やっぱりこの季節は当然寒いですが、仕込みが始まれば張り詰めた緊張感の中で行うので寒さなんて忘れてしまいます、、、仕込みが始まるまでの間
『ピッカピカ』の画像

入社5年目の坪倉です。 我々蔵人は普段ブルゾンを着て仕事をしています。 そして今季、そのブルゾンが更新されました。今回更新されたブルゾンは私が入社してから三代目になります。 そこで、今回は歴代ブルゾンを紹介させていただきたいと思います。あくまでも私が入社して
『三代目』の画像

こんにちは、酢造りの相見です。新年になり13日には、地元でも成人式が行われました。 私が数十年前成人式を迎えた頃は、毎年雪が膝の上まで積もっていたのですが、近年は暖かく足元の良い成人式が続いています。天気予報を見ても大雪の心配はまだなさそうです。 さて、そん
『長い旅が始まります』の画像

元日に松尾大社へ参拝してきました。 松尾大社は私が23年前に結婚式を挙げた場所でして、それ以来ずっと初詣に行っています。結婚当時は機械関係の仕事をしておりましたが、転職し今醪造りに携わっている事に何か深い縁を感じます。 〈 霊泉 亀の井 〉
『杜氏の初詣といえば』の画像

新年明けましておめでとうございます。 古村が締めて私があけるとは、なんと幸先の良いブログの一年なんでしょう? 前回ネタでも痛感したところですが、自分の中にあるもの以上の事を実践するのは大変難しい。ならば、中を拡げていけば良いではないか。枯れた泉に水を貯める
『まちづくりを学ぶ読書会』の画像

ついに2018年の仕事納めの日になりました。 27日(木)で今年の瓶詰めは終わり、昨日から蔵は大掃除。 酢蔵 (高いところをキレイにする和田) 瓶詰め蔵 (酢がない!) 今年を振り返ると、飯尾醸造にとって新たな取り組みがたくさんありました。 私のなかで衝撃的だったの
『2018を振り返る』の画像

Merry Christmas! 平成最後(何かにつけて言い過ぎですよね。笑)のクリスマスを皆さんは、どんな過ごし方をされていますでしょうか? まさかのクリスマス・イブのブログ当番に当たってしまいましたが、特にクリスマスネタの無い独身貴族の市川です。笑 とはいえ今
『Merry Christmas』の画像

ここ最近、事務所の台所から漂ういい匂い。 台所の傍に席がある私は、お昼を待たずして腹の虫が…。 匂いのもとはコチラ↓ お酢や父(会長)手作りの、昆布の佃煮!! 実はこの昆布、『富士ゆずぽん酢』や『富士すのもの酢』の出汁をとった後のものです。 一番
『お酢や父お手製、絶品佃煮!』の画像

皆さんこんにちは。酢造り担当の和田です。 (富士酢の原料である、無農薬のお米を造っている上世屋の様子) blogで雪の写真が続いているので、僕もパシャリ。いよいよ本格的な冬の到来です。体調を崩さないように気をつけなければ。 今回はA4用紙程の酢酸菌膜を浮かべ
『これがこうなる。』の画像

寒いですねぇ 9日の朝、山を見ると雪が初雪です。 これは、ブログに使える。 と思い写真を ですが、前のブログに雪山の写真が・・・(笑) でも、撮影場所が違うのでOKかな (自分ルールで) 話しが変わりますが家庭菜園ですが、今はこんな 変わっ
『家庭菜園(冬)』の画像

この冬いちばんの寒さとなった9日、春に続き今回も夫の職場の人に紛れて、「迎春 天橋立一斉清掃ボランティア」に参加してきました。 この日の外気温は3度、ときおり小雪が散らつく中での作業となり、寒がりの私は背中にカイロを何枚も貼り、あらゆる防寒対策をして行っ
『お正月を待つばかりです』の画像

仕事と地域活動の両面で、海外(出る方も、入る方も)を視野に入れる必要を感じ、おとなが学び合い、実践する場に加わりました。まずは、繁忙期に3日間休みを取らせてもらった会社と仲間に感謝です。 衰退した京和傘を、その伝統技術に新しいデザインと用途を掛け合わせて復興
『身に付けた以上のことは出来ない、を実感。』の画像

   毎日寒いですねぇ〜京都北部の週間天気予報では週末にいよいよ雪ダルママークが!   今は酒蔵で紅芋醪の仕込みで大忙しで、12月中旬くらいまで、たくさんの紅芋と戦わないといけません。    話が変わりますが、ある日、果樹園でもある会社の畑の情報をキャッチしま
『風にも負けず、、、』の画像

芋の大量入荷で蔵に匂いが充満しております。 私は昨年のこの時期acEto勤務でしたので、2年振りの仕込みとなります。 < 大量の紅芋 > < 心なしか笑顔がないヘタ切り作業 > 芋のヘタには繊維が多く仕込みには不要なので、傷んでいる個所なども確認しつつカットして
『紅芋の仕込みが始まりました』の画像

急に寒くなってきましたね。こんにちは。酢造り担当の和田です。 僕たちが寒いと感じるように、実は、飯尾醸造で元気に発酵している菌膜も寒いと感じているのです。(多分、、、) 人は、だいたい36℃〜37℃位で発熱していますが、飯尾醸造の菌膜はだいたい39℃〜40℃位
『寒い冬が来る前に』の画像

こんにちは。蔵人の市川です。 飯尾醸造の経営するacetoは、主に重シェフ、加畑スーシェフ、山蔭店長の3人のメインスタッフで切り盛りされています。 さすがに忙しくなると3人では大変なので、色々な方がサービスのサポートに入っています。 その中に飯尾醸造の
『蔵からacetoへ』の画像

酢造り担当の相見です。私は、住んでいる地域で公民館活動を15年ほど前から部員として参加しています。スポーツ、文化、教育講座など、年間15ほどの行事を計画し、地域の活性化に繋がればとの思いで館長をはじめ、約30人の部員と共に頑張っています。10月には地域をあげての
『地元での活動』の画像

ここ数年で、『仏像ガール』がブーム(?)になり、どこの寺社に行っても女性の姿が多くなりました。 特に『御朱印集め』は人気のようで、色んな柄の御朱印帳が本屋さんでも売られています。 かく言う私もお寺が好き…なんですが、決してブームに乗った訳じゃありません
『ありがたいご縁を結びに』の画像

すっかり秋ですね!私は秋が大好きです。 先日、蔵人の市川がブログで案内していた「慈徳院のもみじ祭り」に行ってきました。 緑と赤が混じって素敵です。じっくり眺めたいところですが、 昼間に慈徳院に来たもう一つの目的が・・・ スタッフとして働く市川を発見!
『もみじ祭り』の画像

スポーツの秋ということで、無性に体を動かしたくなり、最近定期的にスポーツをするようにしました。 体を動かすにあたって自分の中で決めたことは、「出来る出来ないは別として、とにかく興味のあるスポーツをやってみる」です。 元々、スポーツをすことは好きですが、社
『スポーツの秋』の画像

実りの秋ですねぇ~ 9月10日のトマト収穫を最後に菜園を耕して1ヶ月ほど寝かしていましたが 家庭菜園・秋スタートしています。 ですが、野菜の苗の植え時期が遅かったのか思ったより大きくなっていません。 ショックです。 今回の植え苗 ロメイ
『家庭菜園・秋』の画像

こんにちは!蔵人の市川です。 朝晩寒くなり、もう冬だな〜と思う方も多いと思いますが、皆さんは秋満喫しましたか? 食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、 さまざまな秋が、ありますが、 私にとって秋といえば、 『紅葉』 丹後の紅葉は、まさにこれ
『秋といえば?』の画像

10月28日(日)、日本三景天橋立でふゆ花火が開催されました。 隣町に住んでいる私は、毎年自宅の近くから眺めるだけだったのですが、 今年はイベイント会場まで行くことにしました。 はりきって早く出発したため、花火まではまだまだ時間があります。 せっかくなので傘松
『丹後のええところΑ戮硫菫

   秋ですねぇ〜   日中はポカポカ陽気でとても心地よく仕事ができますが、朝晩は少しずつ肌寒くなってきました!田んぼの仕事も終盤の雨・台風にかなり泣かされ、なかなか作業が進みませんでしたが無事に終わり、今月30日の「 富士酢の米 」発送開始になんとか間に合い
『レモンとオレンジのその後⁈』の画像

今月12日に、神戸三宮に『おにぎりバーガー』なるお店ができました。 ご飯の間にスパムや卵焼き、レタスなどが挟んであります。 先日はちちんぷいぷいでも紹介されたそう。 実はこのバーガーのご飯、飯尾醸造の富士酢の米です。 それも2年間熟成させて、粘りと水分を減ら
『富士酢の米の行方』の画像

浅学の私でも辛うじて知っている、孔子先生の超有名なお言葉。 この後に「亦た楽しからずや」と続きます。 “遠方から親しい友が訪ねて来て楽しい” って習いましたが、他の解釈もあるようで。 カナダから。 契約農家さんとも、すぐに意気投合。 フランスからも。 乾きつ
『朋有り遠方より来たる』の画像

酢造り担当の相見です。毎年10月の3連休に息子とアジ釣りに行っていますが、今年は息子が行けず一人での釣りでした。アジといっても、10cm以下の豆アジ狙い、ここ2〜3年は糸を垂らせばアジがついてくる入れ食いで、200匹ほど釣れましたが、今年は、3時間かけて32匹という結
『毎年恒例』の画像

本を読むのが苦手だった私が本を読むようになったのは、飯尾醸造に入社してからです。 本を読むことは大切なことだと分かっていましたが、苦手意識がありなかなか踏み出せずにいました。 しかし、読み始めるとなかなか楽しくて、今では定期的に読むようになりました。
『読書の秋』の画像

醪造り担当の藤本からバトン(無花果の醪)を渡された酢造り担当の和田です。ここからは酢造りの仕込みを紹介します。 無花果の醪です。ドロドロです。まだアルコール発酵しているのか、ブクブクいうてました。 このドロドロの無花果の醪を搾るために、木桶
『無花果の仕込み  〜お酢編〜』の画像

↑このページのトップヘ